災害対応型ランドリーが2店舗同時OPEN!! ~ガス発電機完備の災害対応型ランドリー~

株式会社ジーアイビー

投稿日:2021年3月26日

サービス分野: [ その他(コインランドリー) ]

災害対応型ランドリーが2店舗同時OPEN!! ~ガス発電機完備の災害対応型ランドリー~

コインランドリーを全国展開している株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:鈴木 衛)は、「災害対応型ランドリー」を2021年3月26日(金)に愛知県豊橋市・静岡県磐田市に2店舗同時OPENする事をお知らせします。
本件はLPガス非常用発電ソリューションを活用した、災害時の停電等にも対応する新しい形のコインランドリーとなります。また、今回の出店で「ブルースカイランドリー」は全国129店舗目となり、静岡県では14店舗目、愛知県では32店舗目の出店となります。

■災害対応型ランドリー概要
災害対応型ランドリーは「標準仕様」として3日分のLPガスを貯槽できるLPガスタンク、ポータブル発電機への接続が可能な設備を完備します。ポータブル発電機はガスを利用して発電する仕組みになっており、携帯電話充電などへ電力供給することができます。また、店舗にガスコンロ、ガス炊飯器を導入し、被災者向けの炊き出しが可能になります。昨今の社会情勢により三密回避に向けた分散避難が必要となる中、コインランドリーを“臨時避難所“として活用する事ができます。

■導入目的と経緯
2019年の令和元年房総半島台風(台風15号)の際、千葉県で大規模停電が発生しました。
県内の2店舗 カインズ市原店(千葉県市原市)、ベイシア大網白里店(千葉県大網白里市)は停電を免れたものの、停電が長引き、遠方からも多くの住民が洗濯に訪れました。この出来事をきっかけに「災害時、コインランドリーが救援にならないか」と社内で何度も協議を重ね、災害対応型店舗の発案につながりました。

■今後の展開について
現在、全国129店舗中、19店舗で災害対応型店舗を展開しています。2025年までに500店舗に増やす中、新規店舗はできるだけ災害対応型として出店する方針です。近年、災害の多発化・激甚化により災害対応型店舗へのフランチャイズオーナー様の関心も高まっています。一方、共働き世帯の増加を背景とする家事の時短ニーズの高まりや大型寝具洗濯・乾燥の利用者が増えコインランドリー市場はまだまだ増加傾向にあるといえます。

■ブルースカイランドリーについて
ブルースカイランドリーは家事の軽減や家族との時間を増やすため、コインランドリーを上手に利用したライフスタイルを提案しております。
ブルースカイランドリーの特徴として、スタッフが店内の清掃を行い、常に清潔な店舗を保っております。
また、サービス面・防犯面におきましても、専用のコールセンター、監視カメラを設置することにより、お客様に安心してご利用いただける店舗となります。

■株式会社ジーアイビーについて
「さまざまなNEEDSを組み合わせてWIN×WINを提案する」このジーアイビーのビジョンをカタチにした事業のひとつが、全国展開中「ショッピング DE コインランドリー」がコンセプトの「ブルースカイランドリー」です。ジーアイビーは、「ブルースカイランドリー」のフランチャイズ本部として機能しており、その内容は、出店用地の開発、店舗運営全般、ブランディングなどを行っています。

■ブルースカイランドリー豊橋フランテ館店について
愛知県豊橋市中野町字平北88-19 豊橋フランテ館駐車場敷地内 
営業時間: 6:00~23:00 年中無休

■ブルースカイランドリーカインズモール磐田豊岡店について
静岡県磐田市下神増93 カインズモール磐田豊岡店駐車場敷地内
営業時間: 24時間営業 年中無休

お問い合わせ先

■本件問い合わせ先
株式会社ジーアイビー 広報部 担当:澤井(さわい)/川竹(かわたけ)
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200 FAX:052-201-3202 e-mail:pr@gib-web.jp

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する