新型コロナウイルスに対する情報すまっぽん!を無料で提供

株式会社イーハイブ

投稿日:2020年2月28日

サービス分野: [ 生活関連技術 ]

新型コロナウイルスに対する情報すまっぽん!を無料で提供

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が現在日本でも猛威を奮っております。政府発表やテレビやラジオなどのメディアを中心に多くの情報が発信されております。

中には、デマの情報もSNSを媒介して大きく広まっております。

そこで、信用できる情報をまとめて一つのツールにいたしました。

また、デマ情報をチェックされている特定非営利活動法人 ファクトチェック・イニシアティブをリンクすることで、新しく触れた情報がデマであるか真実であるかを判断できるようにいたしました。

特に高齢者などGoogleなどの検索サイトを使いこなすのが難しい方、どの情報か迷われている方は、ぜひお持ちのスマホに入れていただき、情報にアクセスしてもらいやすくなればと思っております。


皆様の生活が一刻でも早く正常に戻ることを運営会社一同祈っております。


■ 東日本大震災の時に、チェーンメールを警告した会社としても、必要だと考えました。

2011年3月15日に、震災4日目にして、デマも含めたチェーンメールが多く見受けられたため、「チェーンメールってなぜいけないの?( http://www.i-hive.co.jp/hirai/788.html )」というタイトルの記事を書きました。チェーンメールの内容はもとより、その行為によりネット上に多大な悪影響が起きることも踏まえて書かせていただきました。反響も大きくニュースでも取り上げていただきました。

情報はたくさんあればいいというものでもなく、震災の時にはまとまって見れることが必要であります。そこで、弊社が提供しているすまっぽん!を利用して、震災会われた方に必要な情報をお届けしたいと思いました。

参考:「チェーンメールってなぜいけないの?( http://www.i-hive.co.jp/hirai/788.html )」


【すまっぽん!とは】

 小さなお店や店舗、営業マンや保険代理店でも、お客様のスマートフォンのホーム画面に自分のアイコンを設置することで、いつでもお客様からアプローチを可能にします。設置したアイコンから、直接電話やメールが送れたり、営業時間やクーポンが確認できたり、Facebookやツイッター、LINE@などのソーシャルメディアへも誘導できます。設定も管理画面から簡単に、しかも自分に合わせてカスタマイズできます。そんなツールが、高額なアプリの開発もいらず、ダウンロードもいらずにお客様に無料で提供できます。提供側の負担は、月300円です。

開発は、障がい者支援施設と共同開発しており、障がい者支援

お問い合わせ先

<株式会社イーハイブ:インターネット関連・>

商号 株式会社イーハイブ  http://www.i-hive.co.jp/

設立 1997年12月1日

本社  福岡市中央区天神4-8-2

代表取締役 高橋 善晴

<株式会社カムラック:障がい者就労継続支援A型事業所 >

商号 株式会社カムラック  http://www.comeluck.jp/

設立 2013年10月25日

本社  福岡市博多区上呉服町11-16

代表取締役 賀村 研

<取材申込等・連絡先・お問合せ先>

すまっぽん!及びこのニュースリリースに関する問い合わせ

・ 株式会社イーハイブ

・ メールアドレス info@i-hive.co.jp

・ 住所 福岡市中央区天神4-8-2 天神ビルプラス8F

・ 担当者氏名 平井 良明(ひらい よしあき)

・ 電話 092-738-1707

<関連URL> すまっぽん!   https://www.smappon.jp/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する