インターンシップ・就活・転職サイト 「クリ博ナビ」リニューアル!

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ エンターテイメント ]

インターンシップ・就活・転職サイト 「クリ博ナビ」リニューアル!

 株式会社イマジカデジタルスケープ(代表取締役社長:篠原 淳、本社:東京都渋谷区 )は、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT業界特化のインターンシップ・就活・転職サイト
「クリ博ナビ(URL https://www.kurihaku.jp/  )」
を、求職者にとってより希望の仕事を見つけやすく、企業にとってより利便性の高いHRTech(採用管理システム)の実現の為、4/8(月)に全面リニューアル致しました。


<求職者サイト リニューアルのポイント>
 今回の全面リニューアルでは、仕事を探す求職者向けの機能として「スレッド型のメッセージ機能」・「イベント出席機能」「自己PR静止画・動画機能」・「ポートフォリオ機能」・「スカウト設定機能」「就活ノート」など、サービスの利便性を上げる機能追加および改善を行いました。

 学生向けインターンシップ・就活サイト「クリ博ナビ」では、昨今のインターンシップへの大学1・2年生の参加が増えている背景から、大学1・2年生向けサイトも同時にオープンいたしました。また、13万人が登録する業界特化の転職サイト「クリ博ナビPRO」では、「スカウト設定機能」で見られたくない企業の設定機能を強化し、求職者の方の利便性の向上を致しました。新たに追加したクリ博ナビ編集部が発信する「特集記事」では、インターンシップや就活、転職に役立つ特集記事を大幅に追加し、今後も随時情報発信をすることにより、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT業界のインターンシップ、就活、転職により役立つサイトを目指してまいります。


<採用企業担当者サイト リニューアルのポイント>

 採用企業担当者向け機能としては、「インターンシップ受付機能」「求人エントリー機能」「会社説明会受付機能」「自動返信メッセージ機能」の改善に加え、新たに、履歴書やエントリーシート、動画の受領ができる「応募書類の受付機能」など、サービスの利便性を上げる機能追加および改善を行いました。効率的なエントリーの促進の為、求職者が求人等にエントリーした際に、同じ職種のインターンシップや求人をレコメンドする機能も追加致しました。

 また、ダイレクトリクルーティングの機能として、「仕事コラム記事作成機能」「社員紹介記事作成機能」など企業文化のダイレクトな発信機能を追加し、「プロフィールスカウト機能」「自己PR静止画・動画スカウト機能」「ポートフォリオスカウト機能」等のスカウト機能の強化をし、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT業界特有のミスマッチを軽減できるように改善致しました。

 忙しい採用担当者の働き方を支援するため、採用担当向け管理サイト「クリ博ナビBIZ」もスマートフォンに対応いたしました。これにより、外出中・出張中でも応募者の対応が可能になり、マッチングのチャンスを逃しません。また、当社が行う採用イベントの最中に、出席している求職者の情報をリアルタイムに確認できるため、効果的な対応が可能になります。「クリ博ナビBIZ」は、採用業務を効率化するHRTech(採用管理システム)として、今後も更なる改善を進めてまいります。


 クリ博ナビは、今後も希望の仕事を見つけやすく、採用しやすいサイトになるよう改善を重ね、サービスの向上を通じて、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT業界のインターンシップ、就活、転職での精度の高いマッチングを実現してまいります。
 

【クリ博ナビについて】
クリ博ナビは、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT業界に特化したインターンシップ、就活、転職等の情報を扱う求人メディアです。

●インターンシップ・就活サイト「クリ博ナビ2020~2023」https://www.kurihaku.jp/
●転職サイト「クリ博ナビPRO」 https://www.kurihaku.jp/pro/
●採用企業担当者サイト「クリ博ナビBIZ」 https://www.kurihaku.jp/biz/

お問い合わせ先

<クリ博ナビに関するお問い合わせ> 
株式会社イマジカデジタルスケープ メディア事業部 クリ博事務局 TEL: 03-5459-6203
e-Mail : info@kurihaku.jp
<ニュースリリースに関するお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ 広報担当:藤吉 TEL: 03-5459-6200  
e-Mail : pr@dsp.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する