コンシェルジュ、AIチャットボット「Concierge U」を「LIFULL」に導入

株式会社コンシェルジュ

投稿日:2019年3月12日

サービス分野: [ IT技術 ]

コンシェルジュ、AIチャットボット「Concierge U」を「LIFULL」に導入

◆◆株式会社コンシェルジュのAIチャットボットシステムConcierge Uが、働き方改革関連法案が目指す生産性向上の取り組みの一環として、株式会社LIFULLの社内問合せ業務効率化に向けて導入されました◆◆

 株式会社コンシェルジュ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:太田匠吾、以下「コンシェルジュ」)は、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、以下「LIFULL」)の社内問合せの業務効率化実現を目的として、LIFULLの社員専用ページへ自社開発の高機能AIチャットボットシステム「Concierge U」を提供いたしました。

▼概要
 LIFULLでは社員専用ページにバックオフィス業務に関するマニュアルやFAQを掲載していますが、バックオフィス部門への問合せが絶えず、対応業務に多くの時間を費やしていました。その一方で社員もマニュアル等を見ても知りたい情報が見つけられないという現状もあり、「社内の問合せ」に関し双方で課題を抱えていました。この度、導入した「Concierge U」が多く寄せられる問合せに対応することによって社内全体の生産性向上を図ります。

▽チャットボットで気軽に「分からない」を解決へ
「Concierge U」は、社内の問合せ業務効率化を目指し、主にバックオフィス部門の多く寄せられる問合せを24時間365日、自動応答によるサポート対応を行います。従来、個別に担当部署へ問合せていた内容をチャットボットに質問することで、自動的に答えてくれる仕組みを作りました。
バックオフィス部門はこれまで社内問合せに費やしていた時間を別の業務に当てることが可能になり、社員も知りたい情報が見つけられないといった問題を「チャットボット」がすぐに答えてくれるため、社員の満足度向上、ストレス軽減に繋がり、会社全体の生産性向上を図ります。
多く寄せられる問合せの情報を蓄積していき、たくさんの社員に使って貰えるチャットボットを目指しています。

▼「Concierge U」とは
コンシェルジュは、企業と顧客の距離を近づけることをテーマに、チャットボット対話エンジン「Concierge U」を開発するスタートアップ企業です。カスタマーサポート領域、マーケティング領域などにおいてAIによる自動応答、複雑な自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

▼会社概要
■株式会社コンシェルジュについて
会社名: 株式会社コンシェルジュ
設立: 2015年2月
代表取締役: 太田匠吾
所在地: 東京都千代田区富士見2-4-12 野本ビル2F
事業内容: 人工知能ソフトウェアの開発・データの収集及び解析
URL: https://www.conciergeu.com/
Email: info@conciergeu.com
Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=F946uCr5NT4

□株式会社LIFULLについて
・本社所在地: 東京都千代田区麹町1-4-4
・設立: 1997年3月
・代表者: 代表取締役社長 井上高志
・資本金: 9,716百万円
・事業内容: 不動産情報サービス事業 他
・URL: https://lifull.com

お問い合わせ先

■株式会社コンシェルジュ
TEL:03-6272-4875(平日10時~18時)
Email:info@conciergeu.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する