いよいよ3月10日(日)開催|仙台防災未来フォーラム2019

インド女川学会

投稿日:2019年3月1日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ] [ アジア・新興国 ]

いよいよ3月10日(日)開催|仙台防災未来フォーラム2019

大規模災害時における国際緊急援助隊の役割|言葉と文化の壁を越えて―東日本大震災インド国家災害対応部隊NDRF女川町での救援活動を中心に―

プレゼンテーションは@15:50-16:40|仙台国際センター展示棟会議室3-A|フォーラム全体の詳しい情報は 仙台防災未来フォーラム2019ホームページ https://sendai-resilience.jp/mirai-forum2019/ 、仙台防災未来フォーラム2019フェイスブック https://www.facebook.com/sendai.bosaimiraiforum/ をご参照ください。

『言葉と文化の壁を越えて。。。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた女川町。インドから初めて日本へやって来た46名の救助隊員たち。現場で実際にあった出来事を中心に、国際緊急援助隊の役割、災害時通訳のあり方、何をどのようにすればよかったのかなど、当時を振り返りながら、今後の防災・減災について考えます。』

プレゼンター( 元インド隊NDRF災害時通訳兼コーディネーター)
國學院大學研究開発推進機構学術資料センター共同研究員 平本謙一郎
インド大使館ヴィヴェーカナンダ文化センター職員 渡邊太一

お問い合わせ先

國學院大學 研究開発推進機構 学術資料センター ☎03-5466-0249
担当:平本
Mail:info@ndrf-onagawa311.info

 

インド女川学会によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する