第2回キューアンドエーグループ「品質改善アワード~日々の活動の自慢大会~」開催

キューアンドエー株式会社

投稿日:2019年2月8日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

第2回キューアンドエーグループ「品質改善アワード~日々の活動の自慢大会~」開催

~現場が主役!コンタクトセンターおよび訪問サポートの業務管理者・チームが参加~

                           キューアンドエー株式会社
                           ディー・キュービック株式会社

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)とディー・キュービック株式会社(代表取締役社長:伊柳義之、本社:東京都渋谷区、以下ディー・キュービック)は、2019年2月12日(火)、コンタクトセンターおよび訪問サポートの業務管理者・チームを主役とした、第2回キューアンドエーグループ「品質改善アワード~日々の活動の自慢大会」を開催いたします。グループのQC活動を活性化し、より一層高いサービスを提供することを目的に、2018年度に各チームで実施したQC活動(品質管理活動)や現場スタッフによる日頃の工夫をプレゼンテーションし「共有・承認・称賛」をいたします。

 第2回目となる今回のテーマは「『感動品質』を実現するためには?」です。1)汎用性、2)独創性、3)感動共有、4)運用工夫の4つのテーマの中から1つ以上に当てはまる内容について、いかにして課題を解決したのかをプレゼンテーション形式で発表いたします。

 キューアンドエーから6チーム、ディー・キュービックから5チームの合計11チームが出場し、各チームの代表者が、活動に至った案件の1)背景、2)現状と課題、3)取り組み内容、4)成果、5)今後の展開を発表します。プレゼンテーションのわかりやすさや説得力をはじめ、効果のインパクト・汎用性・熱意・将来性・感動共有ができているかを審査項目とし、プライサー(賞賛者)であるキューアンドエーとディー・キュービックの役員の評価とオーディエンス(聴衆者)の投票によって、優秀なチームを表彰いたします。当日は、Web会議システムを用いて各拠点に配信をおこなう予定です。

 キューアンドエーグループは今後も、多くのお客さまが安心・安全のもと、快適なデジタルライフを過ごせるよう、高品質でより身近なサービスを提供し、ICTの発展の中で豊かな社会づくりに貢献いたします。

【開催概要】
◆日時:2019年2月12日(火)13:00~18:00
◆会場:キューアンドエー株式会社 フリーアドレス執務室(アジア・ヨーロッパエリア)
    〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル5階 *Web会議システムにて拠点へ配信
◆競技者:キューアンドエーでコンタクトセンターおよび訪問サポートに従事するチーム 6チーム
     ディー・キュービックでコンタクトセンターに従事するチーム 5チーム
     合計:11チーム
◆テーマ:「感動品質」を実現するためには?
◆発表方法:1チーム10分以内のプレゼンテーション方式にて実施
      1)背景、2)現状と課題、3)取り組み内容、4)成果、5)今後の展開
◆プライサー(賞賛者):キューアンドエー株式会社(9名)
             代表取締役社長 川田哲男
             取締役副社長 曽我健史郎
             取締役常務 村瀬敏彦
             取締役常務 佐藤守信
             取締役常務 井上修吾
             監査役 平尾千秋
             執行役員 マーケティング副統括 野村勇人
             執行役員 AI事業戦略本部長 西脇紀男
             営業本部長 清水祐昭
            ディー・キュービック株式会社(3名)
             代表取締役社長 伊柳義之
             代表取締役副社長 川島紀幸
             執行役員 マーケティング営業本部長 猪股武
◆表彰:最優秀賞1チーム、川田社長賞1チーム、伊柳社長賞1チーム、感動共有賞1チーム、オーディエンス賞1チーム

 キューアンドエーは、2010年よりコンタクトセンターのオペレーターが電話応対品質を競う「オペレーターコンテスト」を開始しており、2013年からはグループとして開催しています。「オペレーターコンテスト」は、コンタクトセンターに従事するオペレーター個々人の技術を競い合うものですが、より一層の品質向上を目指し、レベルの高いサービス提供を図るためには、コンタクトセンターオペレーターから幅を広げ、管理者やチーム間の優れたノウハウ・取り組みを共有し賞賛することも必要であると考え、2018年度より「品質改善アワード」を開催いたしました。

<キューアンドエー株式会社> https://www.qac.jp/
ICTデジタル製品(パソコン、スマートフォン、プリンター、情報家電、通信機器など)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利用・活用に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務とする。自社サービスとして「機器補償サービス」も展開。キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは「コンタクトセンターサービス」「オンサイト(訪問)サポートサービス」で構成されており、ICTに関するトータルサポートサービスを提供している。

<ディー・キュービック株式会社> http://www.dcubic.qac.jp/
ダイレクトマーケティング事業者を中心に、24時間年中無休のインバウンド&アウトバウンドサービスやマーケティング支援、フルフィルメントなどのBPOを提供している。マーケティング支援は、顧客育成上の課題特定から施策運用・効果検証までをワンストップでおこなう。フルフィルメントサービスは、受注・問合対応から配送状況管理・商品在庫管理・商品開発支援・各種データ分析まで幅広くおこなう。

お問い合わせ先

キューアンドエー株式会社
https://www.qac.jp/contact/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する