キューアンドエーワークス<RPAセキュリティリスク可視化・管理サービス化始動>

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

キューアンドエーワークス<RPAセキュリティリスク可視化・管理サービス化始動>

キューアンドエーグループでRPA導入支援事業を展開するキューアンドエーワークス株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエーワークス)は、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:小田島潤、本社:東京都千代田区、以下NRIセキュア)とサービス提携し、RPAに関するセキュリティリスク対策サービスの企画開発に着手いたします。キューアンドエーワークスが2016年1月から展開しているRPA導入支援サービス「RoboRoid®(ロボロイド)」の新付加価値上位サービスとして、2018年内のサービス化を目指します。

「働き方改革関連法案」が成立し、より一層「働き方改革」への取組み強化が叫ばれています。特に企業内における生産性向上においては、RPA活用のニーズが高まってきています。
このような中、RPA活用による新たなリスクが浮上してきました。例えば「ロボットの設定ミスによる異常処理」「内部者やウイルスによるロボットの不正利用」など業務効率化に目が向くあまりに、異常処理や不正の影響が見落とされ、無防備な状態で甚大な損害を受ける可能性が非常に高まっているのです。

また、多くのお客様に業務可視化支援サービス『RoboRoid®-HIT.s』をご活用いただく中で、RPA導入後に生じる「ロボット(デジタルレイバー)の運用・監視への対処法」という課題が顕在化してまいりました。

そこで、キューアンドエーワークスは、RPAを導入済、または導入予定企業様向けにNRIセキュアが提供する組織的リスク評価ツール及び利用マニュアル等を「RoboRoid®」に組み入れ、セキュリティリスクを可視化し、“デジタルレイバーの就業規則”とも言える運用・管理サービスの開発に着手します。

今後はさらに協業関係を深め、『RoboRoid®-HIT.s』による業務の可視化からセキュリティリスク可視化、RPA導入、ロボット(デジタルレイバー)管理・運営までの一貫したコンサルティングへとサービスを進化させ、RPAを『経営課題解決の切り札』として、ユーザー企業の発展に寄与してまいります。

【サービス概略】
・RPAセキュリティリスク可視化・運用管理サービスです。
・サービス提供開始:2018年内予定
・「RoboRoid®(ロボロイド)」サイト: https://roboroid.jp/
※RPA導入支援サービス「RoboRoid®」はキューアンドエーワークス株式会社の登録商標です。

お問い合わせ先

【本サービスに関するお問い合わせ先】
キューアンドエーワークス株式会社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
営業担当 電話:03-6418-0800 メール:rpa-solution@qaworks.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
キューアンドエーワークス株式会社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
広報担当 メール:press@qaworks.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する