越後湯沢の豊かな自然をフィールドにしたES(従業員満足)体験型研修を開催

有限会社 人事・労務

投稿日:2011年8月28日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

越後湯沢の豊かな自然をフィールドにしたES(従業員満足)体験型研修を開催

このたび弊社では、新潟・越後湯沢の旅館「越後湯澤HATAGO井仙」との協働で「ES(従業員満足)体験型研修~心のスイッチをONにしよう!」を企画いたしました。
http://www.cj-jinji-roumu.com/isen_2011.html

当研修は、新潟県の越後湯沢の豊かな自然をフィールドに、地域No.1旅館として成長を続けるHATAGO井仙の「ESを軸とした“人間性尊重経営”」の考え方やおもてなしの心を学びながら、これからの企業の持続的な成長に必要な要素である「地域密着」と「ストーリー性」を自社の経営にも取り入れていただくための学びの場です。

また、地元の名産品「からいすけ(南蛮味噌)」を収穫し調理する農業体験や、HATAGO井仙の近隣の神社を舞台にした演劇ワークショップへの取り組みを通して、感性を高め社会的IQを育む二泊三日と致します。

当研修スタート時と終了時には、弊社の社会的IQ診断「人財士Pro」を実施いたします。三日間を経て“対人感性能力”や“表現力”などの社会的IQ項目がどの程度のものなのかを客観的に把握していただくことで、研修受講後も自社で高い感性を維持向上させるきっかけと致します。

越後湯沢の自然と地域と人々が織り成すこの研修は、「感謝する・人の幸せを考える・地域や自然の素晴らしさを認める・物事に感動する」という人間だけがもつ“目には見えない特別な心”を呼び覚ます場でもあります。
組織の“人”を動かしながら自社の仕事を創り上げることでお客様や地域の方々によろこんでいただく役割を担う幹部・管理職には、職場の中に溢れるこの“目には見えない大切なもの”の存在に気づき、それらを社員一人ひとりの心に根付かせる力が必要となります。

3.11の震災後、日本人固有の“思いやり”や“絆”など目には見えないものの存在が再認識され、日本の自然の豊かなめぐみと共に未来へ向けて残して行こうというおもいが社会全体で一層高まっています。
弊社と致しましては、当研修を通して、地域と共に成長する「社会によろこばれる会社」を日本各地に増やし、日本の未来の“働く”を輝かせることができるよう取り組んでまいりたいと考えております。

■研修概要
【日時】平成23年9月8日(木)・9日(金)・10日(土)
【場所】越後湯澤HATAGO井仙(新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455)
【内容】詳細はHPをご覧ください。 http://www.cj-jinji-roumu.com/isen_2011.html
※HATAGO井仙とは
 曾祖父の代から60年続く温泉旅館をリニューアルし2005年にオープン。越後湯沢で
「お客様・地域・HATAGO井仙の三者が和を保ちながら、共に発展することを目指す」という企業理念を「旅籠三輪書」として形にし、21名の従業員と共に成長を続ける地域No.1旅館。『日経トレンディ』(日経BP社)『NICOpress』(財)にいがた産業創造機構)など取材多数。

お問い合わせ先

有限会社 人事・労務 担当:石橋麻里子
〒111-0036 
東京都台東区松が谷3-1-12 松が谷センタービル5F
Tel 03-5827-8217 Fax 03-5827-8216
E-Mail info@jinji-roumu.com
http://www.cj-jinji-roumu.com/isen_2011.html

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する