超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」を開発

超音波システム研究所

投稿日:2011年8月14日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ コンサルティング ]

超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」を開発

報道関係各位
                          2011年08月14日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市、代表:斉木)は、
 超音波による<表面の計測・解析技術>を応用した
 正確で簡易的な、<<表面弾性波の計測技術>>を開発いたしました。

■超音波技術
 http://youtu.be/qOjEQbr5hWU

 http://youtu.be/Lv8UFuPGzSA

 http://youtu.be/5pXf-iCYtWQ

 具体例1:
  ステンレス・・・各種配管の伝播速度の計測
 
 具体例2:
  表面の伝播データ分析による
   表面状態や形状による伝搬特性を検出し
   表面弾性波による内部に対する特徴を推測する
   (コンクリートやダイキャスト・・・の内部状態検出)

 ・・・・・

複雑に変化する表面弾性波の受信データを、
 時間や電圧レベルで、単純に評価しません。
 「弾性体に対する伝播状態全体」を考慮するために、
 時系列データの自己回帰モデルを作成し、
バイスペクトル解析・・・で、評価・応用しています

なお、今回の技術をコンサルティング事業として、
展開することを計画しています。

超音波の発振制御技術と
 受信データの分析技術の組み合わせにより
 今後、幅広い応用が実現すると考えています

お問い合わせ先

【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所

担当:斉木

住所:〒252-0244 相模原市中央区田名3039-35
E-mail:uss1@island.dti.ne.jp
URL:http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する