フルノシステムズ、太陽電池パネルを活用した自立型無線LANシステムを製品化。

株式会社フルノシステムズ

投稿日:2011年8月1日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ] [ IT技術 ]

フルノシステムズ、太陽電池パネルを活用した自立型無線LANシステムを製品化。

株式会社フルノシステムズ(代表取締役:妹尾行雄、古野電気㈱関連会社)は、法人向けの無線LANシステム機器メーカーです。
近年、iPadをはじめとするタブレット型端末やスマートフォンなどに無線LAN機能が搭載され、様々なシーンで無線LANを活用して、インターネットを楽しむユーザーが増えています。

このように大変便利な無線LANですが、停電時や電源のない場所では、基地局であるアクセスポイントを作動させることはできず、緊急時や災害時に無線LANサービスを利用することはできませんでした。

そこで、当社ではアクセスポイントに供給する電源を太陽電池パネルから発電されたエネルギーを二次電池に蓄電しておくことで、停電時や電源のない場所でも基地局の動作を継続できるようにした給電のいらない自立型無線LANシステム「APSOL1」(アプソル ワン)を製品化しました。

「APSOL1」のアクセスポイントには、リピーター機能が搭載されています。一般的なアクセスポイントは、基幹側とは有線LANケーブルで接続しますが、リピーター機能により基幹側の接続も無線により接続できます。

このように 「APSOL1」の設置には、電源ケーブルや有線LANケーブルが不要の自立型の無線基地局となるので、「APSOL1」を設置した場所は、すぐに無線LANのサービスエリアとなります。

これまで出来なかった学校や自治体などの公共施設の屋外エリアおいて、ネットワークカメラを利用したセキュリティ監視やスマートフォンやIP電話の基地局として活用できます。また、農園などケーブルが施設できない広い土地に 「APSOL1」を設置して、監視カメラによる管理や作業現場での情報収集などに活用できます。

このように「APSOL1」の活用により、無線LANの屋内現場(オフィス、ホテル、教室など)に限らず、屋外現場に柔軟にサービスでき、停電時や電源のない場所、緊急時、災害時でも無線LANサービスができるようになることが期待されています。

当社では、6年前からネットワーク事業を開始し、独自の無線LANソリューションで、学校、自治体、ホテル、オフィスなどに導入し、ご好評をいただいていますが、今回新たな活用方法のご提案ができることで、
今まで以上にユーザー様の多様な課題にお応えできる無線LANメーカーとして、注力してゆく次第です。

■「APSOL1」の特徴(カスタマイズ製品)
【その1】
アクセスポイントの電力は、太陽電池経由の二次電池で補うため、停電時や電源のない場所でも無線LANサービスを利用できます。
(曇天、雨天時の日が続いても1日8時間の運用を3日間継続可能です。※環境により異なる。)

【その2】
リピーティング機能により、基幹接続も無線化できます。電源ケーブルやLANケーブルの敷設が不要のため、設置してすぐに無線LANサービスを利用できます。従来、無線LANをサービスできなかった電源のない場所、緊急時や災害時でも iPadをはじめとするタブレット型端末やスマートフォンなどを接続することができます。

【その3】 
「APSOL1」は、無線LAN機器に限らず、ネットワークカメラなどの有線LAN機器を接続し、無線で基幹側に接続することができます。

【その4】
 「APSOL1」は、無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」で集中管理しますので、分散された多拠点に設置されても、本部での一括管理が可能です。

【APSOL1の詳しいことは】
★APSOL1のご案内 http://www.furunosystems.co.jp/apsol1/index.html

【フルノシステムズについて】
フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニー。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築にはかかせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現。「UNIFAS」「ACERA」は日本国内メーカーである高い品質と技術のノウハウ及び充実したアフターサービスが注目され、オフィス、学校、公共施設において、無線ネットワークのシェアが拡大している。

■ホームページhttp://www.furunosystems.co.jp/
プレス案内
http://www.furunosystems.co.jp/press/110801/index.html

■取扱事業部・照会先 
株式会社フルノシステムズ 広報グループ
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 TEL:(03)5600-5111

お問い合わせ先

株式会社フルノシステムズ
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5
事業改革室 広報グループ 鈴木/西村http://www.furunosystems.co.jp/   
:webmaster @furunosystems.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する