Tufin Orchestration Suiteの機能強化を発表

先端技術研究所

投稿日:2017年3月8日

サービス分野: [ IT技術 ]

Tufin Orchestration Suiteの機能強化を発表

Press Release: 2017-03-08 http://www.ART-Sentan.co.jp/press/2017-03-08.htm

先端技術研究所
Tufin Orchestration Suiteの機能強化を発表
マルチベンダー、ハイブリッド クラウド ネットワーク全域で セキュリティ、ポリシー コンプライアンスを強化

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、http://www.ART-Sentan.co.jp/、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤安信)は、「ネットワーク セキュリティ ポリシィ オーケストレーション」の マーケット リーダであるイスラエル Tufin Software Technologies(ツフィン ソフトウェア テクノロジース)社「Tufin Orchestration Suite」の機能強化を発表した。 冗長、不要なルールを廃棄することで、ネットワーク セキュリティを強化、クラウド プラットフォームのための タグ ポリシーを中央から定義、強制することで、継続的なコンプライアンスを保証する機能を提供する。本機能強化は、最新バージョンR16-4で実現されている。 R16-4は、ハイブリッド環境における自動化されたプロビジョニング、エンド間変更自動化により、全ての主要なファイアウォール、ネットワーク ベンダーを横断する包括的な マネージド ネットワーク セキュリティを提供する。

今日の複雑な企業ネットワークは、複数のベンダー、ハイブリッド プラットフォームで成り立っており、可視性、制御、セキュリティは、議論の余地が無い。 R16-4の新機能は、強化された ファイアウォール ポリシー、さらなる可視性、物理ネットワーク、私的、公的 クラウド プラットフォーム全域での制御、高度なセキュリティ姿勢を提供する。 ネットワーク セキュリティ自動化をとおして、組織は、時間、費用を節約、ビジネス アジリティを向上させることができる。

企業が成長、より複雑になるにつれて、ファイアウォール ルール ベースが結果的に大きくなることは避けられない。 これらのルールの多くが冗長化、陳腐化することが、ビジネス運営を鈍化させ、ネットワーク内の セキュリティ ホールの原因となる。 新しいルール廃棄機能により、ユーザは、自動的に ファイアウォール ポリシーを強化、ビジネス アジリティ全体を向上、セキュリティ姿勢を引き上げることができる。

R16-4はまた、物理ファイアウォールばかりでなく、ハイブリッド クラウド プラットフォームのセキュリティ、コンプライアンスに対する懸念を軽減する。 ユーザは、単一のダッシュボードがら、私的、公的クラウド基盤全般の重要な タグ ポリシーを定義、強制することで、リソースの拡散を規制、正しい セキュリティ カテゴリー配分が可能となる。

Tufin Orchestration Suite
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/tufin_orchestration_suite.htm
Tufin Orchestration Suiteは、セキュリティ ポリシー オーケストレーションを実現した製品である。マルチベンダー環境を対象とし、ファイアウォールを始めとする、物理、仮想、パブリックなクラウド環境の一ヶ所からの管理、アプリケーション コネクティビティ レベルからの設定変更自動化を差別化とする、セキュリティ ポリシー オーケストレーションの包括的ソリューションである。ファイアウォール ポリシー、ネットワーク デバイス、クラウド プラットフォームの可視性、変更トラッキング、分析、監査、ファイアウォール変更自動管理、アプリケーション コネクティビティ管理により、企業内の全てのプラットフォームに対して、厳重なセキュリティ姿勢、迅速なサービス供給、規制準拠を保証する。

SecureTrack: 統合ファイアウォール管理
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securetrack.htm
SecureChange: ファイアウォール設定変更自動化
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securechange.htm
SecureApp: アプリケーションからのコネクティビティ/ポリシー管理
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/secureapp.htm
Tufin Orchestration Suiteは、これらのスイートとして構成されている。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等経由、および一部直接の販売を行う。

Tufin Software Technologies http://www.tufin.com/
Tufin社は、2005年に設立され、本社をイスラエルの Ramat Gan(ラマットガン)に置いている。

先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/
先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。

=============================================
先端技術研究所
Advanced Research of Technologies, Inc. (ART)
http://www.ART-Sentan.co.jp/
KHB16427@nifty.ne.jp
045-978-1292
=============================================

お問い合わせ先

先端技術研究所
Advanced Research of Technologies, Inc. (ART)
http://www.ART-Sentan.co.jp/
KHB16427@nifty.ne.jp
045-978-1292

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する