全国リアルタイム対戦型タブレット授業のFLENSが家庭内コミュニケーションを活性化する新サービス開始

FLENS株式会社

投稿日:2017年1月23日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

全国リアルタイム対戦型タブレット授業のFLENSが家庭内コミュニケーションを活性化する新サービス開始

FLENS(フレンズ)株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役 大生隆洋)は、家庭内でのコミュニケーションを促進することで、学習塾の口コミの強化、講座のブランディング化を強化する、「保護者通知サービス」と「FLENS通信の発刊」を開始しました。
「FLENS」は当初から、「つながる、学習」をコンセプトに生徒同士のつながり、講師・先生とのつながり、そして保護者とのつながりを通じて、生徒の学習へのモチベーションを高めることに貢献するべく開発を進めてまいりました。
 今回は、その中で「保護者とのつながり」を実現していくための一歩となるサービスです。このサービスを通じて、より一層、教室とご家庭のつながり、保護者と生徒のつながりを強化しサービス全体の満足度向上に努めてまいります。

●学習結果が授業後すぐに保護者のメールに配信される「保護者通知サービス」
「保護者通知サービス」は、生徒が「FLENS特訓シリーズ」のタブレット授業を受講後すぐに、保護者が専用サイトにて事前登録したメールアドレスにその日の活躍した結果を自動で配信するサービスです。
 生徒が帰宅する頃には、保護者は生徒のその日の活躍した結果を知っているので、その日の授業の様子について、親子間等の家庭内でのコミュニケーションが活発になり、保護者の講座に対する満足度が高まります。
16年12月に行った保護者向け満足度調査アンケートでは、84%が「保護者通知サービスに満足している」、89%が「家庭で授業についての話題になる」と答えています。また、81%が「保護者通知サービスによって、塾への安心感・信頼感が上がった」と答えています。

●FLENS講座への理解を深めながら、最新の教育や学習法について知ることのできる「FLENS通信」
 FLENS通信は、保護者のFLENSに対する理解を深めたり、最新の教育トピックスを紹介したりする季刊誌です。
主な内容として、FLENS講座のコンセプトや成績優秀者の表彰、FLENS導入教室のインタビュー記事を通じて、生徒がFLENSでどのような学習をしているかの理解を深めてもらいます。また、最新の教育トピックスに関しては、教育に携わる著名人からの教育や学習法に関するコラムを掲載しており、興味関心を持って読んで頂ける内容になっています。
 発行時期は、年に3回でいずれも季節講習前の募集時期に配布することで、保護者の講座への関心を高め、導入塾の募集にも貢献する事を目指しています。

●FLENS特訓シリーズに関して
「FLENS特訓シリーズ」は、タブレットとネットワークを活用して、学びの場をオープンにし、他者とつながることで学習へのやる気が高まり、成績を上げるリアルタイム対戦型授業です。   2012年4月より実践運用を開始し、年間約13,000名(2016年)の小中学生が利用中です。URL :http://flens.ne.jp/

お問い合わせ先

報道関係お問い合わせ先 FLENS株式会社
担当:小泉(こいずみ)
TEL:03-5718-7500 Mail:info@flens.ne.jp
ホームページ:http://flens.ne.jp/
ニュースリリース:http://flens.ne.jp/information/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する