ジェネシス社、マイクロソフトのゴールド・パートナーに

サービス分野: [ IT技術 ]

ジェネシス社、マイクロソフトのゴールド・パートナーに

2016年9月29日【日本語訳】

~ジェネシスのカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームがSkype for Business認定を取得~

カリフォルニア州サンフランシスコ – 2016年9月20日 – オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシス(www.genesys.com)は本日、マイクロソフトのゴールド・パートナーに認定されたことを発表しました。主力プラットフォームであるジェネシスのカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームがSkype for Business Server 2015認定を取得したことで、ジェネシスとマイクロソフトとの連携がさらに強化されるとともに、一体化されたカスタマーエクスペリエンスとユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを提供するジェネシスの取り組みがあらためて評価されました。

ジェネシス社、製品管理およびマーケティング担当シニア・バイスプレジデント、スティーブ・ラトリッジ(Stecve Rutledge)は、「弊社とマイクロソフトの連携により、Skype for Businessとジェネシスのカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームの統合を強化し、引き続きお客様に高い価値を提供します。ジェネシスは、お客様がオムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスの一環としてSkypeチャネルを活用できるよう、両社のソリューション統合に関するすべての課題に対処しました」と述べています。

Skype for Business認定プログラムは、高品質のエクスペリエンスを提供し、Skype for Businessとの互換性を備えたサードパーティー・ソリューションであることをマイクロソフトの顧客に追加保証するためのものです。Skype for Business認定プログラムに規定された仕様を満たした製品だけが認定を取得できます。

Skype for Business担当プリンシパルGPM、アンドリュー・バイビー(Andrew Bybee)氏は、「ジェネシスのカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームがSkype for Business Server 2015の認定を取得し、導入されるお客様がより多くを実現できるようコミュニケーションエクスペリエンスが拡充されることをうれしく思います」と述べています。

T3i Groupの2015年の調査によれば、米国企業の79%が、テレフォニーを含め、Skype for Businessを展開しているか、展開を計画しています。Skype for Businessアプリケーションは、コア機能、相互運用性、パフォーマンス、Skype for Businessトポロジー内のスケールを含むマイクロソフトの品質基準を満たし、顧客が安心してSkype for Businessを展開できるよう、複数のテストケースで検証されています。

真のオムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスを実現

2015年5月の発表の通り、ジェネシスは、Skype Developer Platformの一部であるユニファイド・コミュニケーション・マネージAPIを利用してSkype for Businessとのネイティブな統合を実現する初めてのエンタープライズクラスのコンタクトセンターソリューション・プロバイダーです。このような完全統合ソリューションの強みは、チャネルの切り替えを中断なく行うことができることにあり、顧客やエージェントはSkype for Businessで音声、ビデオ、インスタントメッセージをシームレスに切り替えてやり取りを行い、真のオムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスを実現します。


米国でネットワークおよびコミュニケーション・エンジニアリング・サービスを提供しているIntegration Partnersでマイクロソフト・プラクティス・ディレクターを務めるマイク・フィオリーナ(Mile Fiorina)は、
「弊社のお客様は、コンタクトセンターと最先端のユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを組み合わせた次世代のカスタマー・サービスに注目しています。ジェネシスとマイクロソフトのソリューションが組み合わさることで、弊社のお客様に、現在の市場で最も革新的な2つのプラットフォームがもたらすシナジー効果をご提供することが可能になります」と述べています。

フィオリーナ氏はさらに「カスタマーエクスペリエンス・プラットフォームとSkype for Businessがネイティブに統合することで、弊社のお客様は、あらゆるデバイスで音声、チャット、ビデオといったSkypeの複数のモダリティを活用でき、エージェントは社内の手の空いているエキスパートを瞬時に見つけ、会話に加わってもらうことができます。これにより、1回の連絡で問題を解決でき、顧客満足度を高めることが可能になります」と付け加えています。

最近の2つの認証に加えて、マイクロソフトは、2015年10月の発表の通り、自社のグローバルコンタクトセンターにジェネシスのクラウドベースのコンタクトセンターの導入を進めています。世界最大のコンタクトセンターシステムのひとつとなると予想されるこのコンタクトセンターは、すでに約10万人に及ぶマイクロソフト社の全世界の従業員が日常的に使用している会議/メッセージングシステムであるSkype for Business PBXを拡充するものです。

今後のイベント

ジェネシスは、9月26日から30日までアトランタで開催されるITプロフェッショナル向けのイベントであるMicrosoft Igniteに出展し、ジェネシスブース内(No. 2451)で、ジェネシス・カスタマーエクスペリエンス・プラットフォームとSkype for Businessのデモを行います。
Microsoft Ignite: https://ignite.microsoft.com/

一方、マイクロソフトは、プラチナスポンサーとして、G-Force 2016のメインステージで講演します。ジェネシスが毎年開催している、業界でも人気の高い顧客エンゲージメント関連のこのイベントは、10月4日から6日にかけて、マイアミのフォンテンブローホテルで開催されます。参加登録及び、ツイッターでの#GFORCE16のフォローをお願いします。
G-Force 2016: http://www.genesys.com/gforce/miami2016

ジェネシスについて
ジェネシスは、カスタマーエクスペリエンス・プラットフォームの世界的なマーケットリーダーであり、企業が、顧客のライフサイクルにおけるあらゆるカスタマージャーニーにおいて、パーソナライズされたオムニチャネルの顧客体験(CX)を提供し、顧客との強固な関係を構築できるように支援しています。ジェネシスは25年以上にわたって、お客様をすべての事業運営の中心に位置付け、優れた業績を企業にもたらすのは、優れた顧客体験(CX)であると確信しています。ジェネシスは、世界120か国にわたる4,700社以上のユーザー企業で採用され、クラウド型とオンプレミス型で年間240億件以上のインタラクションを処理しています。
http://www.genesys.com/jp

お問い合わせ先

ジェネシス・ジャパン株式会社 マーケティング本部
斉藤 哲也
Tel: 03-6361-8960 Fax:03-6327-7955
Email: tetsuya.saito@genesys.com

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する