ペンシルとKaizen Platformが業務提携、商品を魅力的に見せる訴求開発を支援

株式会社ペンシル

投稿日:2016年8月25日

サービス分野: [ IT技術 ]

ペンシルとKaizen Platformが業務提携、商品を魅力的に見せる訴求開発を支援

研究開発型Webコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下ペンシル)とWebのユーザー・インタフェース改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤憲司、以下 Kaizen Platform)は、業務提携を行い、ABテストを通して商品を魅力的に見せる訴求軸の開発を支援し、Web戦略だけでなく、商品のマーケティング戦略全体に貢献する新たなソリューション「Value Explorer(バリューエクスプローラ)」を共同開発し、提供を開始いたしました。

■「Value Explorer」3つの特徴
「Value Explorer(バリューエクスプローラ)」は、ペンシルが提供する、単品通販サイトにおける訴求軸の検証・改善に特化した新たなサービスです。「顧客心理に刺さる訴求軸がなかなか見つからない」「訴求のアイデアが枯渇している」といった単品通販サイトやWeb担当者の悩みに対し、ペンシルの20年以上に渡るWebサイト分析・改善のノウハウと、Kaizen Platformが持つ世界中のグロースハッカーのネットワークを融合することで、スピーディに訴求テストを実施することができます。

1.スピーディにABテスト開始
通常、ABテスト開始までにはクリエイティブ制作を含め1ヶ月程度の準備期間が必要とされてきましたが、「Kaizen Platform」に登録している約4,000名(2016年8月現在)のグロースハッカーを活用することで、約1週間でスピーディに訴求軸のABテスト運用を開始することができます。

2.段階的に着実な訴求開発
「Value Explorer」は、中長期的に改善活動を実施し、サイトやLP(ランディングページ)への流入数の大小に関わらず様々な規模、また様々な商品の単品通販サイトで活用することができます。例えば、3ヶ月の改善活動を2クール行う場合、第1クールではターゲットを細かく絞らず幅広く訴求点を探し、第2クールでは、第1クールの結果をもとに、誘導元別、モチベーション別、時間帯/性別/曜日別などでターゲットを細かく設定し最適解を探すなど、商品によって成果に差異が出やすい単品通販サイトの改善活動を実施することが可能です。

3.オンラインだけでなくオフラインにも反映
改善活動で得られた結果は、ペンシルが独自開発する戦略的サイト分析ツール「スマートチーター」を活用して分析され、TVCMやインフォマーシャルなどオフラインのマーケティング戦略にもフィードバックすることが可能です。Web戦略だけではなく、商品自体をより魅力的に見せるための訴求軸を開発し、マーケティング戦略全体で高い訴求効果を目指します。

■今後の展望
ペンシルは、2016年9月までにファーストユーザーの獲得を目指し、2016年度中にEC事業社20社への導入を目指しています。

■本サービスに関するお問い合わせ
販売価格など詳細情報については、株式会社ペンシルにお問い合わせください。
http://www.pencil.co.jp/request/

■株式会社ペンシルについて
株式会社ペンシルは、企業のWeb戦略を成功に導く研究開発型のWebコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のWebサイトを分析し、Webからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施。Webサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、サイト制作など、Webサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。ペンシルは「インターネットの力で世界のビジネスを革新する」を企業理念に掲げ、常に新しいインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。

株式会社ペンシル
所在地:810-0001 福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル5F
設立:1995年2月10日
資本金:5,200万円
代表者:代表取締役社長COO 倉橋 美佳
事業内容:Webコンサルティング・Webプロモーション・Webマーケティング・アクセス解析
URL:http://www.pencil.co.jp

■Kaizen Platform, Inc. について
2013年3月設立。リクルートで最年少エグゼクティブとしてアドテクノロジーの部門をリードしてきた須藤憲司をはじめとする経験豊富なメンバーにより創業しました。Webサイト最適化のオンラインツールと、UI改善案を出し続ける高度なスキルを持ったグロースハッカーのネットワークから成る「Kaizen Platform」を開発し提供しています。マーケターが継続的な改善活動に取り組むための「テクノロジー」と「人の知恵」により、組織のマーケティングROIを最大化します。

Kaizen Platform, Inc.
所在地:163-0241 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル 41F
設立:2013年3月
代表者:Co-founder & CEO 須藤憲司
事業内容:Web サービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム「Kaizen Platform」の提供
URL:http://kaizenplatform.com/ja/

お問い合わせ先

会社名:株式会社ペンシル
担当:安田 / pr@pencil.co.jp
TEL:092-515-1000
FAX:092-515-1020
URL:http://www.pencil.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する