エイチ・アンド・ティー、『TOXランチャー』「一般毒性システム」について エーザイへの納入決定

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ]

このシステムは、医薬品開発における非臨床試験での一般症状観察データ、重量測定データ(体重・餌・水・器官重量)、ならびに臨床検査データ(検査機器からのデータ取り込み)を一括管理するシステムで、一般毒性試験を強力にサポートします。
試験計画にもとづく測定データの取り込みだけでなく、研究現場で発生する突発的なデータに対しても取りこぼしがないよう、柔軟に受け入れできるシステムになっており、機器故障などにも対応できるように設計されています。また、同シリーズの「病理サブシステム」などと、試験情報を一括(共通)管理することも可能です。

『TOXランチャー』シリーズの特徴は、ユーザ本位の柔軟な設計にあります。特に必要な機能だけを自由に選択できる「セレクタブルシステム」という方式を採用しており、低コストでの初期導入を実現しています。
今まで困難であった運用中の機能追加はモジュールの追加購入で簡単に、またハードウェアの更新も簡単に可能にする仕組みがあるため、パソコンやOSの寿命に左右されずにシステムの稼動期間を大幅に延長できます。
膨大なデータの入力作業を効率化するため、作業者の視点に立った様々なサポート機能を備えています。

今回の導入決定により、エーザイ株式会社では、「病理サブシステム(2001年導入済)」に加え、「体重・餌・水・器官重量サブシステム」「臨床検査サブシステム」「一般症状サブシステム」を運用していただくこととなり、ますます研究開発に拍車がかかるものと思われます。
他にも、多数の大手製薬会社に継続してご使用いただき好評を得ています。

また、H&Tでは『TOXランチャー』シリーズの他、機能を最小限に厳選したスタンドアロン限定で使用可能な「TOXBOOKシリーズ」や、Webからもダウンロード可能な小規模な研究施設向けの「SIMPLEシリーズ」を販売しています。

これからも皆様のご期待に応えることができるようなパッケージソフトウェアの研究開発に努めてまいります。

以上

お問い合わせ先

≪株式会社エイチ・アンド・ティーについて≫
本社:〒577-0061 大阪府東大阪市森河内西2-20-4
代表者:代表取締役 濱田 孝治
設立:1998年8月3日
資本金:18,180万円(資本準備金12,480万円)
TEL:06-6785-3322
FAX:06-6785-3435
E-mail:handt@ht21.co.jp
URL:http://www.ht21.co.jp/
事業内容:医薬品等安全性試験支援システムの研究・開発・販売

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する