株式会社エーディーディー

SFTP にも WebDAV にも対応した、低価格の FTP クライアントソフト

#IT技術 #海外・グローバル

■WebDrive の特徴

WebDrive(ウェブドライブ) は、WebDAV や FTP、FTPS、SFTP、Amazon S3 などのサーバーをネットワークドライブとして割り当てることができる。
ネットワークドライブとして割り当てると、サーバー領域は Windows エクスプローラのドライブとして表示され、コピー&ペースト、ドラッグ&ドロップなどで、サーバーとのファイルのやり取りが可能となる。
WebDrive を使用すれば、サーバーのファイルを直接開き、編集することもできる。
シンプルな GUI も備え、マイドキュメントを扱うような感覚でサーバー上のフォルダを利用できる。

■エンタープライズライセンスの特徴

エンタープライズライセンスは、ライセンスを使用するクライアント端末のロケーションの制限、同一管理者下の管理制限がない。
※ライセンスを使用するクライアントの全端末が、子会社、グループ企業、資本関係、委員会、団体など同一組織内にあること。

つまり、自社だけではなく子会社やグループ企業のソフトウェアライセンスを一括購入・管理することができる。
利用台数に制限がないため、多数のユーザーが同じクライアントソフトで FTP サーバーへの接続が可能。
これにより管理者や購買担当者の作業負担が軽減される。
新入社員の入社時の導入も容易であるため、中小企業から大企業まで幅広い法人ユーザーで導入されている。

■WebDrive のセキュリティ

WebDrive のバージョン 12 では、OpenSSL を使用していないため、OpenSSL の脆弱性による心配はない。
保守期間内であれば、必要に応じて開発元からアップデートファイルが提供されるため、安心して利用ができる。

■WebDrive の使用例

(1)グループ企業内でのファイルの共有
Amazon S3 などと WebDrive を組み合わせて使用し、各支部の売上データをサーバーで管理した場合、本部の人がデータ編集中に支部側よりデータ入力しても、編集中のファイルはロックされるため、支部側では誤って編集されることはない。

(2)初心者でも簡単操作
WebDrive の導入により、サーバーとのファイルの転送がエクスプローラ上で操作できるため、Word や Excel などの一般的なオフィスソフトを扱える方なら、マイドキュメントにファイルを保存する感覚で、ストレスなく簡単に操作できる。

(3)設定情報のインポートが簡単
本部の管理者が設定情報を作成しておくだけで、支部のクライアント PC は、設定情報をインポートさせるだけで、すぐにでもサーバーへ接続することが可能。
本部の人間が現地へ行かずとも対応できるため、管理者の作業負担や移動コストを削減できる。
また、同一ソフトウェアを使用することで、新入社員などへの操作手順のレクチャーが容易となる。


【WebDrive 12 新機能/変更点】

・非同期キャッシュモードの追加
この機能は非同期で削除、名前変更、作成ができることによって、マップされたドライブの編集とパフォーマンスを飛躍的に改善できる。
・自動オフラインモードの追加
サーバーへの接続を失った場合、WebDrive が自動でオフラインモードに切り替える。
例えば Wi-Fi 接続中にエリア外に出た場合、WebDrive はオフラインモードに切り替わり、キャッシュ内でファイルの編集をし続けることが可能。WebDrive はバックグラウンドで自動でサーバーに再接続を試行し、再接続が成功するとオンラインモードに切り替える。

・Amazon S3 で ETag を使用してファイルが最新であるかどうか確認できるようになった。
これにより S3 サーバーでマルチユーザーキャッシュモードが使用できるようになった。

・ログイン時の表示に新機能が追加
サーバーへ接続する前に信用情報を入力するようにユーザーに促すことができるようになった。
この機能は複数のユーザーが同じコンピュータを使用し、セキュリティ上の理由で信用情報を保存したくない環境で有用。

・アイコンオーバーレイシェル拡張子を追加
以前はシェルアイコンハンドラファイルを無効にした場合、エクスプローラ画面では赤またはグレーの X マークがすべてのファイルアイコンに付いて表示された。これを、カスタムシェルアイコンハンドラによって防ぐようになった。

・永続的なネットワーク接続を使用しないでログイン時にドライブをマップできるようになった。
永続的なネットワーク接続の復元の使用はワイヤレスネットワークを介して操作するいくつかのシステムで、問題があった。この機能を使用して、WebDrive.exe アプリケーションが起動するまでドライブが復元しないようになった。

・ファイル数が多いサイトのキャッシュパフォーマンスを改善

■無料試用版
下記 URL からダウンロードしていただけます。
 http://WebDrive.add-soft.jp/download/

【お問い合わせ先】

販売元:株式会社エーディーディー
製品ホームページ:http://WebDrive.add-soft.jp/

株式会社エーディーディーのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。