コンソナ・ジャパン株式会社と富士ソフト株式会社が提案するOnyxを楽天生命保険が採用

コンソナ・ジャパン株式会社

投稿日:2014年12月24日

サービス分野: [ IT技術 ]

コンソナ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:澤村大介、以下「コンソナ」)は、富士ソフト(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員 :坂下智保、以下「富士ソフト」)が提案した当社の「Onyx(オニックス)」CRM ソリューション(提供元:コンソナ)を楽天生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米田光生、以下「楽天生命」)に、ご採用いただいたことを発表します。

【オニックス導入の背景と新CRM システムの概要】
楽天生命は、IT を徹底的に活用してお客様に対するサービスの利便性向上に取り組んでいます。この一環として、顧客サービスの中核となる、コンタクトセンターを含むCRM システムを刷新するために、コンソナが提供する「Onyx(オニックス)」CRM ソリューションがこのたび採用されました。

「コンソナ」と「富士ソフト」は、新CRM システムによって、円滑なPDCA サイクルによる、可視化されたコンタクトセンターの運営が可能となり、CRM 導入効果を最大限に引き出すことが出来ると考えております。

楽天生命の新CRM システムは、保険業界への導入実績が豊富なオニックスCRM を基盤に開発することで、6 ヶ月という短期間での導入を可能にしています。本システムの開発から実装配備は、今回共同で販売を担当したコンソナと富士ソフトの両社が実施します。本稼働開始後のシステム運用は基幹システムの保守開発を担当している富士ソフトにて対応します。
今後とも、富士ソフトとコンソナは協業して、顧客満足度の高いサービスを提供できるソリューションの提案を継続し、楽天生命の企業価値向上へ貢献できるよう取り組んでまいります。

【コンソナ・ジャパン株式会社について】
コンソナ・ジャパン株式会社は、2012 年8 月に米国Consona Inc とCDC Software Inc を統合して設立されたAptean Inc の100%日本法人子会社です。Aptean は、コールセンター、工場、組立ラインなどの業務現場でお客様企業の利潤追求、業務革新や事業拡大をお手伝いしています。Aptean のCRM、ERP、サプライチェーン・ソフトウェア・アプリケーションは、グローバルで5,000 社を超える企業に導入されており、お客様満足度の向上、業務現場の運用効率化に加えて、企業価値を高めることに貢献することで、お客様企業が業界でのトップの座を獲得することを支援しています。
コンソナ・ジャパンは2000 年8 月にオニックス・ソフトウェア株式会社として設立され、国内においても数多くの製品導入実績を誇っています。その主要ソリューションであるオニックスは国内において10 社を超える保険会社に導入され、その顧客戦略の実行をサポートしています。
ホームページ:http://www.consona.jp/

【富士ソフト株式会社について】
富士ソフト株式会社は、1970 年創立の独立系IT ソリューションベンダーです。
金融・製造・流通・文教分野等における業務系システムの構築やモバイル・自動車・家電等に関連する組込み系ソフトウェアの開発を行っています。近年では、クラウド(C)・ロボットテクノロジー(R)・モバイル(M)をキーワードに、製品サービスにも注力しています。富士ソフトは、独立系の強みと高い技術力、豊富な経験を活かした“お客様に最適なサービス”を提供しています。
富士ソフト公式サイト:http://www.fsi.co.jp/

お問い合わせ先

コンソナ・ジャパン株式会社
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-8-8 大星八重洲ビル6F
マーケティング担当:Tel:03-3275-5080、Fax:03-3241-1170、メール:info-japan@aptean.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する