株式会社イマジカデジタルスケープ

イマジカデジタルスケープ デバッグ事業を拡大し東京にも新拠点

#IT技術 #エンターテイメント

イマジカデジタルスケープ デバッグ事業を拡大し東京にも新拠点
デジタルクリエイターとITエンジニアに特化した人材派遣・紹介業を行う株式会社イマジカデジタルスケープ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大林克己 以下:当社)は、ゲーム等のソフトウェアの動作不具合の検出・報告を行うデバッグ事業の拡大のため、このたび「新宿御苑スタジオ」を開設し、関東圏での業務を開始しましたことをお知らせします。

当社は、2011年より大阪を拠点としたコンシューマゲーム、ソーシャルゲーム、Webサイト、スマホアプリやコンテンツ等のデバッグサービスを開始しておりますが、このたび新設した新宿御苑スタジオにおいては、関東圏におけるデバッグ需要の増加に対応することと、ゲーム開発時に必要な「ユーザビリティテスト」を新たに提供します。

スマートフォンゲームの市場規模は、2016年には8,000億円以上に成長するといわれており(注1)、現在はアイテム課金を行うゲームが主流です。ゲームに「課金」を組み込むようになったことで、ゲームのユーザビリティ(使いやすさ)が、重要視されるようになってきました。

特に、急増する女性向けのスマートフォンゲームやアプリのユーザビリティテストについては、女性テスターのニーズが高まる一方で、その人員を集めにくい現状があります。
当社は人材事業において、クリエイターに特化した求人媒体「クリ博ナビPRO」(注2)を運営しております。登録者には、クリエイター志向で、かつゲームユーザーなど、ターゲット層に近い女性が多く、女性テスターを集めやすいという強みを活かし、スマートフォンゲームのユーザビリティテストにおいて新たな取り組みをしてまいります。

当社は、今後もクリエイティブ分野における市場のニーズに合わせ、人材とノウハウの提供をしてまいります。

(注1)出典:CyberZ  http://cyber-z.co.jp/news/pressreleases/2014/0218_1450.html
(注2)クリ博ナビPRO http://www.kurihaku.jp/pro/


■新宿御苑スタジオ 概要

名称 新宿御苑スタジオ(東京デバッグ/2Dグラフィックス制作スタジオ)
所在地 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル6F
TEL 03-5361-7477(東京デバッグ)
   03-5361-7478(2Dグラフィックス制作スタジオ)
FAX 03-5361-7479(共通)

(ご参考)
■デバッグサービス概要
http://corp.dsp.co.jp/service/production/debug.html

【お問い合わせ先】

<デバッグ、ユーザビリティテストサービスへのお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ 新宿御苑スタジオ(東京デバッグ) 担当:片岡
TEL: 03-5361-7477  e-Mail : debug@dsp.co.jp

<当リリースへのお問い合わせ> 
株式会社イマジカデジタルスケープ プロモーショングループ 広報担当:藤吉
TEL:03-5459-6203 e-Mail : prg@dsp.co.jp

株式会社イマジカデジタルスケープのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。