株式会社イマジカデジタルスケープ

連結子会社の事業譲受に関するお知らせ

#その他(連結子会社の事業譲受)

連結子会社の事業譲受に関するお知らせ
株式会社イマジカデジタルスケープ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大林 克己)の子会社で、放送局向け技術者派遣事業、中継・ロケ技術等の制作技術事業、及び映像制作事業を行う株式会社コスモ・スペース(本社:東京都千代田区、代表取締役:大林 克己、以下 コスモ・スペース、イマジカデジタルスケープ80%出資)は、映像制作事業における顧客満足度の向上と競争力の強化を目的とし、企業向け映像制作事業を行う株式会社ケー・ヴィ・シー(本社:東京都港区、代表取締役:川野辺 春光、以下 KVC)の全事業の譲受に関する契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。


1. 事業譲受の要旨
これまで、コスモ・スペースは、放送局向け技術者の派遣サービス、中継・ロケ技術のサービスを行うともに、テレビ番組・企業向けVP・CM等の映像制作に関して、企画提案から制作・納品までワンストップでお客様に提供してまいりました。
 一方、KVCは、企業向け映像ソフトの制作に特化し、企画・制作・撮影・編集・CG制作・合成・MAといった映像制作に関わる全てのセクションを社内に持ち、その特徴を活かして一括管理された高い品質を提供してまいりました。
このたび、コスモ・スペースは、KVCの企業向け映像制作事業の全事業を譲り受けることによって、両社の経営資源を統合し、相乗効果を追求することで、顧客満足度の向上、事業競争力の強化を進めてまいります。

(1)事業譲渡契約日:2014年8月29日
(2)事業譲受予定日:2014年10月1日


2.事業譲渡・譲受に関する当事会社の概要(2014年8月29日現在)

(事業譲渡会社)
商号: 株式会社ケー・ヴィ・シー
本店所在地:東京都港区永坂町1番地 
代表者: 代表取締役 川野辺 春光
事業内容: 企業向け映像ソフトの企画制作、撮影・編集・CG制作・MA
従業員: 15名
設立年月日:1986年6月19日
資本金: 10百万円
株主: 川野辺 春光100%

(事業譲受会社)
商号: 株式会社コスモ・スペース
本店所在地: 東京都千代田区四番町5番地6号
代表者: 代表取締役 大林 克己
事業内容: 放送局向け技術者派遣、中継・ロケ技術サービス、映像制作の企画制作、編集・MA
従業員: 210名
設立年月日: 1978年12月1日
資本金: 30百万円
株主: (株)イマジカデジタルスケープ80% (株)日テレ・テクニカル・リソーシズ20%

【お問い合わせ先】

<本件に関するお問い合わせ> 
株式会社イマジカデジタルスケープ メディアサービス部 プロモーショングループ 
TEL:03-5459-6203 e-Mail : prg@dsp.co.jp 

株式会社イマジカデジタルスケープのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。