アテイン株式会社

テレプロンプター撮影用販売開始「カメラ目線を維持できる」

#特殊技術・特許 #教育・人材

テレプロンプター撮影用販売開始「カメラ目線を維持できる」
ネットインフラの構築・コンピュータ周辺機器の販売などを手がけるアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、テレプロンプターを2014年6月5日に販売開始します。

テレプロンプターは、カメラの三脚に取り付ける撮影用機器です。カメラレンズの前にハーフミラーを取り付け、ハーフミラーに投影した原稿を読むことで、出演者のカメラ目線を維持することができます。付属のソフトウェアを使って、液晶画面に原稿を表示、スクロールすることができます。

テレプロンプターはオバマ大統領の演説にも用いられており、スタジオの撮影だけでなくスピーチ・講演会の撮影にもご使用いただけます。原稿を読んでいても、常に顔を上げた状態でスピーチをすることができます。
授業などの講義の撮影にも最適なため、eラーニング制作にもお使いいただけます。

また、「カメラ目線を維持できる」標準型を含めて、4通りの組み立て方をすることができ、用途に合わせて使い分けることもできます。組み立て方の詳細は、アテインのホームページをご覧ください。

また、秋葉原のアテインスタジオで、無料体験・デモンストレーションを行っております。
アテインホームページからお問い合わせください。

■アテインHP【テレプロンプターのご案内】
http://www.attainj.co.jp/production/teleprompter.html

■概要
ハードウェア
・モニターサイズ:8~17インチ

ソフトウェア
・XP, Windows 7, Windows 8, Mac対応

■価格(税込み)
テレプロンプター(ソフトウェア付)
一台 388,000円~580,000円
※モニターのサイズによって価格が異なります。

■使用例紹介(YouTube)
・「テレプロンプターってなに?」
https://www.youtube.com/watch?v=j2Z5jydqYcs

・「テレプロンプター標準型セットアップの仕方」
https://www.youtube.com/watch?v=SOOWCatmiBs





このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 PR 安藤亜樹
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 http://www.attainj.co.jp
E-mail info@attainj.co.jp


【お問い合わせ先】

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 PR 安藤亜樹
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 http://www.attainj.co.jp
E-mail info@attainj.co.jp

アテイン株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。