【全3回】~プロセスコンサルタントが明かす~『業務改善ノウハウ』(第1回)

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

【第1回:2014年2月19日(水)】『業務改善のための業務可視化術』

業務改善の最初のフェーズに相当します。
「見える化」は組織のセクショナリズムがあると正しくなされません。現場のコミュニケーションを重視した「言える化」をどのように「見える化」と整合させるか、業務の棚卸・業務フロー作成では陥りやす落とし穴を回避するためのテンプレートや手法を開示します。同時に、現場の改善推進者・事務局に大切な「場のファシリテーション」についてもお伝えします。

《アジェンダ》
  1-1 「見える化」の本質と「言える化」
  1-2 業務改善の「ハード」と「ソフト」
  1-3 可視化から得られる効果
  1-4 現場参画型業務可視化の流れ
  1-5 業務棚卸の落とし穴と業務構造把握のポイント
  1-6 業務フローの書き方
  1-7 メンバーアサイメントと場のファシリテーション

お問い合わせ先

株式会社カレンコンサルティング
〒160-0004 東京都新宿区四谷四丁目 御苑ハイム 5F
TEL:03-6457-4350 FAX:03-6457-4351
Web:info@carren.co.jp" target="_blank">http://www.carren.co.jp/ E-Mail:info@carren.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する