複雑で多様な2次元設計を支援するZWCAD+ 2014を発表

ZWSOFT

投稿日:2013年11月18日

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ]

複雑で多様な2次元設計を支援するZWCAD+ 2014を発表

建築系と機械系における世界的CAD/CAMソリューションサプライヤーであるZWSOFTはZWCAD+ 2014をリリースしました。この新しいバージョンは、より効率的な作業を実現できるように、DWG 2013をサポートし、ダイナミックブロック、オンライン同期ツール、及び新しい音声メモ入力システムが実装されました。複雑な設計に対しても、快適に対応できるようになりました。


強化された高度な互換性:
DWG/DXF 2013とDWFファイルをサポートするZWCAD+ 2014は、より高い互換性を提供し、APIも.NETに拡張しました。設計者と開発者は、あアプリケーションの開示、編集及び移植が迅速かつ効率的になりました。

■DWG/DXF 2013サポート:DWG/DXF 2013ファイルを開示したり、編集したりすることができ、よりスムーズで正確なデータ交換を可能にします;
■DWFサポート:ZWCAD+ 2014はDWFビューア、あるいは他のプラグインを使用せず、直接DWFを開くことができます。これにより、簡単な操作で短時間に実行でき、設計時間を大幅に短縮します。
■.NET API:新しい.NET APIは、開発者が.NETアプリケーションの移植が可能、コードレベルのAPI互換性をより効率的に活用することができます。


充実の新機能で設計時間を短縮:
ダイナミックブロック、スマートボイスなどのツールで、ワークフローの改善と業務効率の向上が可能にします。

■ダイナミックブロック:ダイナミックブロックの柔軟性を活用して、ブロックの再利用を容易にし、自由に外観を変更することができます;
■スマートボイス:設計者が自由に音声メモを作成、編集、共有することができます。注釈の利便性をより一層高め、斬新なチームワークコミュニケーションを提案します;
■カスタマイズ可能なユーザーインタフェース:メニュー、コマンド、ツールバー、ホットキー、及びエイリアスがカスタマイズ可能です。ユーザーに作業効率の向上と最も快適な設計環境を提供します。


製図作業の手間が軽減するオンライン機能:
クラウドストレージとシームレスに連携する、新しいオンラインワークフローを拡充しました。

■ZWCAD+ Syble:図面を自動的にクラウドにアップロードでき、ZWCAD Touchを利用して、ユーザ同士が円滑にコラボレーションを行え、いつでも、どこも自由に図面を編集できます;
■オンラインアップデート:ZWCAD+ 2014は自動的にアップデートパッチをチェックし、手動でダウンロードする手間が省けます。ユーザーは、いつでも最新のソフト環境を確保できます;


「ZWCAD+ 2014のbetaテストで、製品の性能を向上させるように、顧客からのフィードバックを中心に検討を始めました。おかげで、正式版にはいくつか新機能があり設計、特に難しい図面を手軽に対応できるようになりました。」とZWCAD+プロダクトマネージャーの黄は言っています。

ZWCAD+公式サイト:http://www.zwsoft.com/jp/zwcad/
ZWCAD+2014ダウンロードページ:http://www.zwsoft.com/jp/zwcad/ZWCAD_Overview/

ZWCAD+について
ZWCAD+は高い評価を得たZWCADシリーズの新製品です。独自開発の新CADエンジンを搭載し、高精度のDWGファイル互換を提供します。メモリ新最適化技術で、100 MB以上の大規模図面ファイルのスムーズな動作を実現しました。

ZWCAD日本国内販売総代理店
CHAM-JAPAN
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3丁目5番4号 麹町インテリジェントビル
TEL: 03-5210-9356
FAX: 03-5210-9359
Email:info@zwcad.co.jp
http://www.zwcad.co.jp/

お問い合わせ先

会社:ZWSOFT
連絡先:陳婧婷 
〒510635 中国広州天河区天河北路886番4階 
TEL: 0086-20-38289780
Email:salejapan@zwcad.com
Website:www.zwsoft.com/jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する