株式会社イマジカデジタルスケープ

アプリでマークを集めて遊園地を作ろう!DHCのキャンペーン用ARアプリを制作

#IT技術

アプリでマークを集めて遊園地を作ろう!DHCのキャンペーン用ARアプリを制作
株式会社イマジカデジタルスケープ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大林克己、以下:当社)は、このたび、株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区 代表取締役会長 兼CEO:吉田嘉明、以下DHC)が開催する、オンラインショップと連動したキャンペーンにスマートフォンで参加ができるAR(注)アプリ、『Peahock Land月間スタンプラリー』を制作しました。

■「Peahock Land月間スタンプラリー」とは
当アプリは、スマートフォン用のARアプリです。DHCで発行する冊子に掲載されているマークをスマートフォン専用アプリで読み取り、遊園地のスタンプを集めていきます。スタンプが集まるとアプリ上で遊園地にアトラクションが増えていき、アトラクションが増えていくと、DHCの運営するオンラインショップで使えるネットポイントが付与される仕組みです。

(注)ARとは:AR(Augmented Reality:拡張現実感)とは、ディスプレイ等の表示デバイス中の現実環境の中に、付加情報としてCGや文字情報等のデジタルデータを合成表示させる技術です。


当社は、これからもAR技術を用いて、さまざまな新しいコンテンツの楽しみ方を提供してまいります。

■キャンペーン概要
対象:DHCが発行する『オリーブ倶楽部』『みんな、げんき?』の2013年12月号~2014年5月号
キャンペーンサイト: http://top.dhc.co.jp/contents/all/peahock/index.html?sc_iid=main_peahock

■ARアプリ概要
名称: Peahock Land(ピーホックランド)月間スタンプラリー
動作環境:Android4以降搭載のスマートフォン、iOS5.1以降搭載のiPhone

<アプリダウンロード先>
  ◆iOSはこちら↓
  https://itunes.apple.com/app/peahock-land-yue-jiansutanpurari/id667843718

◆Androidはこちら↓
  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.dhc.PeahockLand

※スマートフォンでの参加には「Peahock Land月間スタンプラリー」アプリのダウンロードが必要です。

【お問い合わせ先】

<ARに関するお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ デジタルコンテンツ制作部 デジタルリアリティラボ:白勢
TEL: 03-5728-7292 e-Mail : info@dsp.co.jp

<当リリースに関するお問い合わせ> 
株式会社イマジカデジタルスケープ メディアサービス部 プロモーショングループ 広報担当:藤吉
TEL:03-5459-6203 e-Mail : prg@dsp.co.jp

株式会社イマジカデジタルスケープのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。