抽選の透明性を確保した「オンライン懸賞抽選システム」のビジネスモデル特許を取得

サービス分野: [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ] [ エンターテイメント ]

抽選の透明性を確保した「オンライン懸賞抽選システム」のビジネスモデル特許を取得

プランニングオフィス『ドリームゲーム』では、抽選の透明性を確保した「オンライン懸賞抽選システム」(登録番号: 特許第5219012 号)を発明し、ビジネスモデル特許を取得いたしましたのでお知らせいたします。

●取得した特許の概要
抽選過程が目で見られるので信頼でき、応募者の行為が当落に関わるので面白い、安心感と娯楽性のあるWEB 懸賞キャンペーンを実現します。
これにより、企業等が実施する懸賞キャンペーンにおいて、応募者を大幅に増加させることが可能であり、また、これまでは抽選過程が不透明ゆえ実施が難しかった懸賞企画の実施も可能になります(例;新曲購入者から抽選で数名を歌手との夕食会に招待、懸賞+クーポンによる見込み客集客)。
また将来的には、じゃんけん日本一を決めるといった国民的規模のWEB イベントの開催や、懸賞プラットフォーム「ドリームゲーム(登録商標)」(http://dreamgame.jp/ )の構築を目指しています。

●特許概要
発明の名称:懸賞当選者決定装置
登録番号:特許第4530320 号
登録日:平成25 年3 月15 日
要旨:懸賞にジャンケン等のトーナメント戦を取り入れ、ゲーム性と透明性のある抽選を行うシステム。応募者端末から送信された対戦データ(たとえばジャンケンの手)を、2つずつペアにしてトーナメント形式で比較して勝敗を決定し、当選者を決定する。

●今後の展開
プランニングオフィス『ドリームゲーム』では、本特許を活かしたソリューションの提案、Facebook懸賞の運営代行、および自社メディアの運営に取り組んでいきたいと考えており、これらの新事業に共に取り組んでくださる、広告・SP 関係、またはWEB 関係の、パートナー企業様を募集しています。

お問い合わせ先

プランニングオフィス・ドリームゲーム
東京都板橋区舟渡1-13-10 アサヒ企画(株) 内
Email:info@dreamgame.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する