株式会社アフレル

EV3先行予約 出荷開始! ☆予約第2弾スタート☆

#IT技術 #教育・人材

EV3先行予約 出荷開始! ☆予約第2弾スタート☆

――――――――――――――――――――――――――――――――
■■新発売 教育版レゴ マインドストームEV3 
先行予約 1,020台 出荷開始  ■■
  ☆予約販売第2弾 キックオフセット発売開始☆
――――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英 / LEGO Education正規代理店)
では、2013年9月新発売のロボット&プログラミングキット「教育版レゴ マインドストームEV3」
の先行予約販売分を8月6日より出荷開始しました。
先行予約分は正式発売9月よりも1カ月早くお客様にお届けするキャンペーンです。
2013年5月~7月に受け付けた当先行予約は、目標800台を大きく上回る1,020台の受注となりました。

8月8日より、予約販売第2弾 キックオフセットの発売を開始します。
今なら先着100名様にインタラクティブサーボモーターMをプレゼント!
ぜひご利用下さい。

プレスリリースはこちら↓↓
URL:http://www.afrel.co.jp/press/


■■■■■アフレルEV3キックオフセット■■■■■
★アフレルEV3キックオフセットA★
特別価格:59,500円 (税込 62,475円) 型番:EV3KICKSET-A
 ・教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット
 ・DCアダプター
 ・教育版EV3ソフトウェア シングルライセンス
 ・教育版EV3ソフトウェア プログラミングガイド


★アフレルEV3キックオフセットB★
特別価格:73,100円 (税込 76,755円) 型番:NXTBKTSET-BA
 ・教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セット
 ・教育版レゴ マインドストーム EV3 拡張セット
 ・DCアダプター
 ・教育版EV3ソフトウェア シングルライセンス
 ・教育版EV3ソフトウェア プログラミングガイド

◇教育版EV3ソフトウェアプログラミングガイドがつくのは
アフレルのキックオフセットだけ!

■製品名:アフレル キックオフセット
■製品サイト:http://www.ev-3.net/reservation#ev3-reserve
■主な対象:全国の教育機関、企業研修、家庭学習

■■■ 販売・お問い合せ先 ■■■
株式会社アフレル カスタマーセンター http://www.afrel.co.jp 
info@afrel.co.jp TEL 0776-25-0303 / FAX 0776-25-0309 

【お問い合わせ先】

■■■ リリースのお問い合わせ ■■■
株式会社アフレル  マーティング部
TEL 03-6661-9251/ FAX 03-3249-3741 e-mail contact@afrel.co.jp
www.afrel.co.jp

株式会社アフレルのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。