火災感知線で複数場所の火災の伴う異常温度警報ができる/火災感知線警報器の新製品

スペースワークス

投稿日:2015年10月29日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 生活関連技術 ]

火災感知線で複数場所の火災の伴う異常温度警報ができる/火災感知線警報器の新製品

温度センサ開発のスペースワークス(京都府亀岡市/代表和田耕一)は、火災感知線で複数場所の火災の伴う異常温度警報ができる「火災感知線警報器」の新製品を開発した。

■天井裏や床下からの火災の現状と背景および対策
1.住宅や工場などに於いて、天井裏や床下からの火災は数多く発生している。その原因は、天井裏や床下に配線されている電線の漏電や接触不良の短絡(ショート)、過負荷による異常加熱および小動物による電線破損などで火災に発展する。
2.住宅や工場などの天井裏や床下の防火対策が必要です。

■火災感知線警報器の概要
1.火災感知線に警報器をコネクタで回路接続する。但し、警報器は電子ブザーとピンスイッチと電池(DC4.5V)で構成する。ピンスイッチはストラップを取付け電子ブザ-の試験スイッチとする。
【備考】1.火災感知線は延長した電線に等間隔で複数の形状記憶合金を組合せた製品です。(設定温度80℃)所謂、電線に複数の火災メモリセンサ(形状記憶合金)を取付けた製品です。
【備考】2.火災感知線は周囲の温度が(80℃)に達すると電線が軟化し形状記憶合金が電線を縛り付け(復元)2線間を短絡して温度感知し、信号とする。但し、電線の軟化温度と形状記憶合金の復元温度は同一温度(80℃)です。

■火災感知線警報器の設置
1.室内から天井裏や床下に火災感知線を挿入することで、「天井裏と室内」や「床下と室内」のそれぞれの場所で火災メモリセンサが火災の伴う異常温度を感知し、室内に設置した警報器で報知する。
また、壁と家具、家電機器の隙間や内部など、いろいろな場所に火災感知線を挿入して、火災の伴う異常温度を感知して、警報器で報知する。
【参考事項】1.天井面や床面に4mm程度の穴を開け、火災感知線を天井裏や床下に挿入しても良い。
2.例えば、天井裏や床下および室内で火災が発生した時、室内から天井裏や床下に挿入した火災感知線の火災メモリセンサが火災の伴う異常温度を感知し、室内設置の警報器で報知する。
3.このように天井裏および床下や室内からの火災の伴う異常温度を早期に発見して、初期消火により火災を未然に防止できる。

■火災感知線警報器の特徴
1.火災感知線で複数場所の火災の伴う異常温度警報ができる。
2.「天井裏と室内」や「床下と室内」の複数場所の火災の伴う異常温警報ができる。
3.壁と家具、家電機器の隙間に火災感知線を挿入し、火災の伴う異常温警報ができる。
4.火災感知線により、待機電力0で火災の伴う異常温警報ができるエコ製品です。
5.設置、移動が簡単で誰にでも設置できる。(コンパクトで軽量)
6.延長した電線に等間隔で形状記憶合金を複数組合せ一体化した製品です。 
7.電線の軟化と形状記憶合金の復元を利用し、2線間を短絡して温度感知し信号とする。
8.形状記憶合金は永続記憶で錆がなく、一度作動すれば永続に保持し長年使用できる。
9.電源や計測機器不要の物理的動作で直接に温度感知と信号ができる。
10.周囲の温度が設定温度(80℃)に達すると2線間が短絡して温度感知し、信号とする。
11.電気設備の電線と同様の配線ができる。また.屋内および屋外の配線に使用できる。
12.消防法令基準の定める定温式感知器1種の性能に対応できる製品です。
13.非復帰型で作動後の確認ができる。(一度感知作動/再不能。作動個所を削除し接続替え)

■火災感知線警報器の用途
1.住宅、マンションの室内と天井裏、床下、階下の天井裏に使用できる。 
2.ホテル、旅館の室内と天井裏、床下、階下の天井裏に使用できる。
3.ビル、工場の室内と天井裏、床下、階下の天井裏に使用できる。
4.家具、家電機器の隙間や内部など、いろいろな場所に使用できる。

■火災感知線警報器の仕様
【1】火災感知線警報器〔最大100db以上・火災メモリセンサセンサは0.5m等間隔に設置〕
◇火災感知線警報器(1.2m) 〔KK-12〕:標準価格 5,200円
◇火災感知線警報器(1.7m) 〔KK-17〕:標準価格 5,750円
【内訳1】:警報器〔最大100db以上〕
◇警報器 【K-1】 標準価格 3,000円
(A)警報器(電子ブザー):音量100db以上(前方1m) (B)外部入力接点:a 接 (C)電池:LR44型ボタン電池(3個)4.5V (D)ケース材質:難燃性ABC樹脂成型品(白、黒、赤、灰、黄、桃) (E)寸法:D40×W60×H20/mm (F)重量:約40g
【内訳2】:火災感知線(コネクタ付)〔火災メモリセンサは0.5m等間隔に設置〕
◇火災感知線(C付) (1.2m)(センサ3ヶ所)〔0.5KK(C)-12〕:標準価格2,200円
◇火災感知線(C付) (1.7m)(センサ4ヶ所)〔0.5KK(C)-17〕:標準価格2,750円
(A)可溶絶縁電線(0.75sq×2C) (B)形状記憶合金(5巻き) (C)設定温度:80℃(±10) 熱感知方式
備考1.非復帰型で作動後の確認ができる。(一度感知作動すると再使用できません。作動個所を削除し、接続替え使用する)

■お気軽にお問い合せ下さい。(なお、技術移転や共同開発などご関心のある方、お問い合せ下さい)

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
スペースワークス    担当 和田
wadakame@siren.ocn.ne.jp
℡ 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932

■会社概要
商号  : スペースワークス
所在地 : 〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
代表者 : 和田 耕一
設立  : 2002年1月10日
資本金 : 1,000万円
事業内容:〔新製品の開発、製造販売〕
電話番号: TEL 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932
メールアドレス:wadakame@siren.ocn.ne.jp
URL:http://www.fhos.co.jp/spacew

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する