アテイン株式会社

Adobe Presenter 9によるeラーニングコンテンツ受託制作を開始

#IT技術 #教育・人材

Adobe Presenter 9によるeラーニングコンテンツ受託制作を開始
コンピュータートレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、Adobe Captivate 8に加え、新バージョンであるAdobe Presenter 9にも対応したeラーニングコンテンツ制作体制を確立し、7月24日から制作受託を開始します。

 例えば、学校が既に保有するPowerPointスライドデータや講義映像を学生に配信したい場合や、企業ならサービスや商品のプレゼンテーションをお客様に配信、あるいはコンプライアンスなどを社員に配信する場合などに有効です。これらをAdobe Presenter 9によって、多くのLMS(学習管理システム)に対応しているSCORMコンテンツに移行させられれば、受講者(学生や社員)はネット上のコンテンツをいつでも視聴出来るうえ、管理者側は受講者のコンテンツ視聴履歴をチェックすることができます。あるいは、テスト問題を設置して合否判定を設定したり、アンケート結果などを得ることも可能となります。
 さらに、Adobe Presenter 9から書き出されるコンテンツはプレゼンテーションに特化した操作性を持つインターフェースデザインとスタイリッシュな外観を併せ持った品位の高いものとなっています。また、Adobe Presenter 9はAdobe Captivateで制作されたFlashファイルをスライドとして扱うことができます。これにより、ソフトウェア操作のデモや、高いインタラクティビティ(双方向性)を持つシミュレーションを含めたコンテンツを制作することができます。
 弊社はこれまでもPresenter 8でコンテンツ制作してきたノウハウがあります。社内に自社スタジオを持ち、ナレーターも用意できるので、シナリオを含めた一貫したオリジナルコンテンツ制作が可能となっています。

弊社は、長年SCORM対応LMSサービスを展開すると共に、Adobe Presenter 8を使ったオリジナルeラーニングコンテンツの受託制作を多数手掛けてきました。これら積み重ねたインタラクティブコンテンツ制作ノウハウを活用して、新バージョンのAdobe Presenter 9を使ったeラーニング制作の受託を2013年7月24日より開始します。

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当本多
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 http://www.attainj.co.jp
E-mail info@attainj.co.jp

【お問い合わせ先】

アテイン株式会社 担当本多
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 http://www.attainj.co.jp
E-mail info@attainj.co.jp

アテイン株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。