小売業を変える電子レシート

エクスネット株式会社

投稿日:2013年7月2日

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ]

小売業を変える電子レシート

エクスネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡辺勇)は、米国Brick Street Software社が開発・販売する、小売業向けe-レシートシステムを日本において7月15日より販売することで合意した事を発表致しました。


【レシートをメディアとして活用】
 e-レシートシステムは小売業におけるレシートを電子化し、電子メールにて即時に送付することを通じて、一般小売企業を、インターネットを駆使した最先端のWEB型マーケティング企業に変身させるシステムです。
 単なる小紙片に過ぎなかったレシートは、電子メディア化することにより、サイズの制限からも掲載する情報の制限からも解放され、全く新たな一つのメディアとして生まれ変わります。そして電子メディアの利点を生かして、e-レシートを受け取ったユーザを自社サイトに誘導するなどの販促活動も容易に可能となります。お客様と「オンラインで繋がった」小売業に変身することができるのです。
さらにクラウドマーケティングシステムに連動したe-レシートシステムは、収集したお客様ごとの販売動向をさまざまなビッグデータと組み合わせて分析し、たとえばお客様の趣味趣向や様々なイベントなどを考慮した効果的なクーポン等も同時にピンポイントで添付できるシステムが構築できます。

米国ではすでに3割の小売業者が電子レシートを採用しており、普及率は日々拡大しています。このところのスマートフォンやタブレットの急速な普及により、普及拡大に拍車がかかっているのが現状です。

【店頭で簡単に登録、フォーマット作成もお手軽に】
・店頭でのPOSと連携し、スマートフォンをリーダーにかざすだけで電子メールアドレスを取得し、そのメールアドレス向けにレシートを送付するシステムです。
事前登録作業は必要なく、お客様の手を煩わせることなく実現できます。
・電子レシートのフォーマットを作成するビルダーの機能を持ち、小売店ごとに独自のレシートを容易に作成可能です。
・お客様ごとの購買動向をデータベースに蓄積し、分析、セグメンテーションを行い、広告、クーポンなどを自動的に作成することが可能です。

e-レシートシステムのメリットは
1.レシートメール開封率は驚異の80%。通常の販促メールの2.5倍で効果抜群。
2.電子メール送付で、自社コマースサイトへの誘導が容易。
3.お客様にも使い手のある「Good Job」なクーポンの発行で、来店率向上に貢献。
4.登録はスマホでピッ。会員カードにない手軽さ。会員カード連動で相乗効果も。
5.容易な登録で会員獲得の苦労僅少。しかも登録後はお客様と「オンライン」。
6.スマホの家計簿アプリ等との連携が可能に。お客様も使って便利。
7.すぐに捨ててしまうレシートを紙で発行する必要がないのでECO対策。
8.データ収集の手間が僅少。e-レシート発行のたびに情報蓄積。
9.クラウドベースのシステム活用で小規模利用も可能。
10.クラウドなら業績急拡大でも追随容易。
 
発売時期:7月15日

価格:月額 30万円より


当社では、専門店やスーパーなどへの提案を強化し、2013年度20ライセンスの提供を目標に展開して参ります。

お問い合わせ先

企業名:エクスネット株式会社
担当者名:渡辺勇
TEL:03-6410-7360
Email:watanabe-is@exnet-japan.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する