今年9月施行の欧州環境規制の解説セミナーのご案内:7/23開催

エンヴィックス有限会社

投稿日:2013年6月27日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ コンサルティング ] [ 海外・グローバル ]

7月23日セミナー開催、今年9月施行のEU環境法規「殺生物性製品規則」を解説します
 
 海外の環境法規制に関する情報提供、コンサルティングを行うエンヴィックス有限会社は、2013年7月23日(火)にセミナーを開催いたします。本セミナーでは、欧州に製品を輸出している企業に係わる規制を取り上げます。今回のセミナーで主にお話しするのは、今年9月に施行されるEUの「殺生物性製品規則」(BPR)についてです。

「殺生物性製品規則」はその理解が難しく、弊社へも特にメーカーの方々から日々多くの問い合わせが寄せられております。弊社では早急にこの規則を解説する必要があるという認識の下、この度セミナー開催を決定いたしました。

今回取り上げる、「殺生物性製品規則」は、もともと1998年に「殺生物性製品指令」として施行されたものが前身となります。
EUの『指令』は効力を発揮するためにそれぞれの国で法律を制定する必要があるのに対し、『規則』は施行後全てのEU加盟国に直接適用され、各国の法律と同等の拘束力が生じます。この規制を『指令』から『規則』へと変更したねらいとしては、EU市場における対象製品の流通と使用に係わる規定を調和させ、EU市場の機能性を高めるといったことが考えられます。

『規制』の前身の『指令』は“殺生物性製品”を対象としていました。『指令』の対象とする“殺生物性製品”は“有害な生物の抑制効果を及ぼすための活性物質および調剤”といったものを指しており、具体的には消毒剤や防腐剤などが規制対象とされました。しかし、今回制定された『規則』では“殺生物性製品”を使用した製品まで対象を拡大し、例えば繊維製品などといった、幅広い製品が規制の対象となる可能性がでてきました。そのため、多くの企業様が対応をどうするか頭を悩ませている状況です。

本セミナーでは、この「殺生物性製品規則」を基礎から分かりやすく解説し、その対応のポイントをお話します。また、中国のリサイクルおよび化学物質関連規制の動向についてもご紹介します。

・セミナー名
  2013年度EnviX緊急セミナー
  殺生物性製品規則(BPR)の最新動向と解説/中国RoHSおよびWEEEの最新動向
・URL
  http://www.envix.co.jp/l/seminar_20130723pr.html
・開催日時
  2013年7月23日(火)13:00~17:00 ※12:45より受付開始
・会場
  連合会館201号室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
・受講料
  \29,400(税込)

お問い合わせ先

 エンヴィックス有限会社 環境セミナー受付係 早坂麗子
  mail: contact@envix.co.jp tel:03-5928-0180

 

エンヴィックス有限会社によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する