イーフロンティア、家具設置3Dアプリ「3Dプランナー」を使った実証実験を開始

株式会社イーフロンティア

投稿日:2013年5月21日

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ]

イーフロンティア、家具設置3Dアプリ「3Dプランナー」を使った実証実験を開始

イーフロンティア、家具の試し置きアプリ「3Dプランナー」を使った実証実験を開始
日本ペイントがインテリア向け塗料需要のプレマーケティングのために参画

株式会社イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤健一)は、同社のプロダクトマーケティング、セールスプロモーションにおける実証実験のた、AR技術を利用した3D家具の試し置きアプリ「3Dプランナー」を、本年6月より期間限定でリリースすることを発表いたします。

この実証実験には大手家具流通企業を初めとする複数の企業が参画を予定しております。日本ペイント株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:酒井健二)は、この「3Dプランナー」アプリの中に同社の塗料を使った壁面の着色シミュレーション機能を搭載することにより、室内塗料需要におけるプレマーケティングを実施する予定です。

■「3Dプランナー」とは
~撮影された画像から、空間を認識、iPhone、iPad上で、誰にでも簡単に家具の試し置きが可能~

○iPhone、iPadで撮影を行なった屋内空間の画像データを介して空間を自動認識し、アプリ内に格納された家具データを読み込むことによって、あたかもその屋内空間に実際の家具を配置しているかのようにレイアウトをシミュレーションすることができる画期的なアプリです。

○国内の実在する家具・什器メーカーの協力の下、実際に店舗で購入可能な多くの家具ライブラリを実装しています。

○壁面の色を変更した際のイメージを、実際に施工可能な塗料でシミュレーションすることができます。

※画面は開発中のものです。

詳細: http://marketing1.e-inx.jp/article/14419302.html



■「3D プランナー」リリースの経緯
株式会社イーフロンティアが開発・販売している「Shade」シリーズは、25年以上の歴史を持つ、国内最大シェアを持つ統合3DCG制作ツールです。「Shade」シリーズは、建築パース、インテリアパースの市場において活用されており、多くの専門学校・大学などで導入されています。これらのノウハウを昨今の情報端末で活用していくための試みとして、3Dプランナーをリリースする運びとなりました。

■実証実験について
今回の「3Dプランナー」は、インテリア業界における3D利用の可能性と、その効果を探るべく、平成25年6月からの期間限定で、APP Storeを通じて無償でご提供いたします。

■イーフロンティアについて
イーフロンティアは1999年に設立され、クリエイティブなコンピューティングライフを提案し続けています。
現在、ShadeをはじめとしたCG制作ソフトウェアは、我々の得意とする分野ですが、設計・デザイン・映像・ゲーム制作などの現場で利用され、多くのクリエイターの皆様の支持をいただいております。また、CGだけでなく、音楽制作、動画編集ツールも拡充し、クリエイティブの制作を積極的に応援しています。
我々はPCショップやオンラインマーケットの売り場を彩る主役でありますが、スマートフォン、タブレット向けスマート関連プロダクトラインも積極的に提案しています。
クリエイティブさを創る。クリエイティブを楽しむ。そんな皆様のとなりで活躍を続けていきます。

■Shadeについて
1986 年の登場以来、国産の統合型3DCG ソフトウエアとして常に市場をリードしてきたShade は、累計出荷数が60万本を超える、まさに日本を代表する3DCG ソフトウエアです。

●3つのグレード
Shadeシリーズでは目的・用途に応じた3つのグレードを用意しています。
「3DCGをはじめる人」に Basic
「3DCGに打ち込む人」に Standard
「3DCGを仕事にする人」に Professional
これら3つのグレードはファイルの互換性を保ちながら、目的に応じた機能を提供します。
また、住宅デザインソフトウェアShade ドリームハウスや総収録点数5000点を超えるShade実用データ集など、周辺ソフトウエアやコンテンツが豊富なのもShadeシリーズの魅力です。

●共通の操作方法
Shadeの3つのグレードに搭載されている機能は、ほぼ同等のユーザーインターフェイスで操作できます。エントリーユーザーがBasicからStandardやProfessionalなどの上位グレードへアップデートする場合にも、特別な操作方法を新たに学ぶ必要がありません。また、ProfessionalユーザーのノウハウをBasicユーザーも学ぶことも可能です。

●グレードごとのレンダリング解像度
Shadeのグレードはそれぞれ用途、目的に応じたレンダリング解像度(作成できる画像サイズ)が設定されています。きわめて大きなイメージを作成できるProfessionalでは、大きなイメージを高速に作成するために複数のコンピュータで共同レンダリングを行うShadeGridを無制限(Basic、Standardは1台)の台数で同時稼働させることが可能です。


■日本ペイント株式会社について
今年3月に創業132年を迎えた、日本の塗料業界の先駆的存在。自動車用塗料・汎用(建設)用塗料・工業用塗料・船舶用塗料など塗料事業を総合的に手がけるほか、塗料技術を活かして表面処理剤・電子部品材料など関連事業も展開する。日本国内における塗料の売上高はトップ。海外においても、中国・シンガポール・マレーシアの関連会社が手がける住宅内装用塗料は各国でシェアトップとなるなど、アジア事業にも強みを持つ。

お問い合わせ先

【本リリースに関する問い合わせ先】
株式会社イーフロンティア
〒162-0806 東京都新宿区榎町43-1 神楽坂ビル
広報担当: 橋本
pr@e-frontier.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する