~チラシは3Dの時代へ~ 3DフォトARサービス「appeAR(アピア―)」がバージョンアップ!

株式会社アポロクリエイト

投稿日:2013年5月16日

サービス分野: [ IT技術 ]

~チラシは3Dの時代へ~ 3DフォトARサービス「appeAR(アピア―)」がバージョンアップ!

株式会社アポロクリエイト(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:鳴海 千尋)は、3Dコンテンツを使用したAR(拡張現実)サービスである「appeAR(アピア―)」の新バージョンの提供を開始致しましたのでお知らせ致します。

「appeAR(アピア―)」について
http://www.appear-3d.jp/


「アピア―」は、3D写真を利用できる世界初のARサービスとして2月の「page2013」で初公開され、同期間に開催された取次店募集の説明会では100社を超える参加社を集めました。その後、実際に3D写真を利用したサービスが数多く提供されており、スマホやタブレットをチラシにかざすことで、ユーザーに対して、丁寧に訴求力を高めた商品説明が実現できたとの声が多く集められております。

2月に提供開始されたバージョンでは、チラシから3D写真が飛び出し、回転や拡大をさせて商品の細部に至るまで確認し、さらには直接ショッピングサイトに移動するというのがメインの機能でしたが、今回のバージョンアップでは、さらなるユーザーに対する商品説明機能の向上を目的に動画、音声データの登録が可能となり、3D写真を表示させた状態でのカメラ撮影も可能になりました。

「アピア―」の新バージョンは既にApp Store、Google Playでダウンロード可能です。

【バージョンアップの背景】
当社では、2010年8月より3D写真撮影機「フォトシミリ」の販売・サポートを行ってきました。「フォトシミリ」は撮影や画像編集のプロでなくとも、3Dアニメーションが非常に簡単に、高画質で作成できるのが特徴のシステムであり、以下にあるようにこれまでに多くのECサイトで利用されてきました。
http://www.photosimile.jp/contents/case-study

また、この「フォトシミリ」で撮影された3D写真はARコンテンツとしても利用可能であり、AKB48「トレーディングカード ゲーム&コレクション」など、これまでに利用事例も多数あり、「アピア―」の開発、リリースにつながりました。
http://akb48.arcard.jp


「アピア―」では、ARの導入において大きなハードルとなっていたアプリ開発費用の問題、ARコンテンツ製作の問題を、以下のように解決してきました。

●汎用ARアプリ「アピア―」の無償提供
企業 :ARアプリの開発費用が不要になる。
消費者:アプリのインストールが一回で済む。

●「フォトシミリ」のコンテンツを利用
※3D写真撮影機「フォトシミリ」では、ターンテーブル上に被写体を置き、回転させることで、静止画を連続撮影します。この静止画を統合することで3Dコンテンツとして出力します。
企業 :CGコンテンツではないため製作費用が抑えられる。
消費者:被写体の再現性の高いコンテンツを見ることが出来る。

このコンセプトが広く受け入れられ、これまではARを試してみたかったけれど、試すことができなかったという企業を中心に多く「アピア―」をご利用頂いてきました。そのような中、さらなる商品説明機能の向上の声を多く頂き、動画、音声データの登録を実現致しました。これにより、商品説明機能の向上だけでなく、これまで広告宣伝に利用していた動画が再利用できることで、さらにARを気軽に試すことが可能なりました。

また、カメラ撮影機能が実現したことにより、家電や家具を購入し設置した際のイメージが容易になる、洋服を試着するかのように選べるようになるなど、商品説明機能がさらに一つ補完されました。


【バージョンアップ機能の特長】
「アピア―」は、商品のプロモーション効果を最大限に高める販促ツールとしてARを利用されることを目的に開発、提供されております。そのため、「アピア―」アプリは、具体的には以下のような手順で利用できます。

(1)スマホ/タブレットに、ARアプリ「アピア―」をインストールする。
(2)チラシやカタログにスマホ/タブレットをかざす。
(3)チラシやカタログに印刷された商品画像がトリガーになり、3D写真、動画、音声が表示、再生される。
※ARサーバーには、事前にマーカーとそれに紐付けられたコンテンツ(3D写真、動画、音声)が登録されています。
(4)詳細情報を見たい、商品を購入したい場合は、スマホ画面上の「WEB」ボタンを押す。
その場で表示された3D写真を撮影したい場合は、スマホ画面上のカメラボタンを押す。
(5)ショッピングサイトに画面遷移し、詳細情報が確認でき、購入もできる。

拡大するネット販売、スマホ市場においてますます存在感が高まるAR。この新たな技術を使用することで、旧来から使用されていた紙媒体による広告宣伝の価値をより高めることが可能になり、「アピア―」が強力な販売支援ツールとなります。

最終的には「アピア―」により、企業が消費者にアプローチするための新しいチャネルが創出され、それは店舗販売、通信販売、ネット販売に続く、第4の販売チャネルといえる存在になります。


【アピア―詳細】
アピア―の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.appear-3d.jp/


【株式会社アポロクリエイト 会社概要】
社名  : 株式会社アポロクリエイト
所在地 : 〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-23-6-207
      TEL 044-948-7551
代表者 : 代表取締役 鳴海 千尋
設立  : 2003年3月
資本金 : 1,000万円
事業内容: 3D(360°立体)写真撮影システム(Ortery Photosimile)の販売
      各メーカーのトナー、インクの卸、小売販売
      リサイクルトナー、リサイクルインクの販売
      Web制作、SEOコンサルタント、営業コンサルタント
URL   : http://www.photosimile.jp

お問い合わせ先

株式会社アポロクリエイト
TEL  : 044-948-7551
Eメール: support@photosimile.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する