ジオ・キュービックと日本ノーベル、トレカの自動査定ができるサービスを開始

日本ノーベル株式会社

投稿日:2013年5月13日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ] [ その他(流通・小売) ]

ジオ・キュービックと日本ノーベル、トレカの自動査定ができるサービスを開始

『ジオ・キュービックと日本ノーベル、トレカの自動査定ができるサービスを開始
 「トレカ自動査定サービス」開始に関するお知らせ』

株式会社ジオ・キュービック(本社:東京都新宿区、社長:斎藤 健一)と日本ノーベル株式会社(本社:東京都北区、社長:鈴木 祥夫)は、2013年5月23日付でトレーディングカード(以後トレカ)の自動査定ができるサービスを開始します。

トレカの国内新規販売金額の累計は1000億円を超え、新品、中古品含めてリユース/リサイクル業界での重要な商材となっていますが、その取扱いにはトレカに精通したエキスパートの存在が必要で、トレカ導入の多店舗展開の壁となっています。

そこでジオ・キュービックと日本ノーベルは、トレカの査定を自動で行えるシステムを開発(特許出願中)しました。
「トレカ自動査定サービス」は、ノートPCと専用スキャナ、トレカ自動査定ソフトで構成され、専用スキャナによりトレカを連続で読み込み、ノートPCの自動査定ソフトに搭載された画像処理技術により自動でトレカの名称、絵柄、マーク、シリアル番号を識別し、買い取り査定データベースを参照して買い取り価格を表示します。
査定の精度は99%以上で1分間に25枚のカードを査定することが可能です。

トレカはリユース/リサイクル業界にとって店舗面積あたりの利益率が極めて高い商材で、本サービスを導入することで人件費の削減、高額カード/優良カードの買取強化、査定のばらつき撲滅、顧客の査定待ち時間削減、また新たな顧客層(親及び子供)の店舗誘導が期待されます。

「トレカ自動査定サービス」では、現在、国内で流通している主要なトレカである遊戯王、デュエルマスターズ、ヴァンガードに対応しており、今後も対応ラインナップを拡充する予定です。


<トレカ自動査定サービス概要>

●システム構成
・ノートPC
・専用スキャナ
・トレカ自動査定ソフト



■関連URL
トレカ自動査定サービス ホームページ: http://toreka.gio-cubic.co.jp/

■株式会社ジオ・キュービック 概要(2013年5月現在)
設立:2007年12月28日
資本金:1千万円
代表取締役社長:斉藤 健一
従業員数:10名
本社所在地:東京都新宿区6-8-5 新宿山崎ビル2F
事業内容:ウェブ制作デザイン、システム開発、ウェブコンサルティング
会社ホームページ: http://www.gio-cubic.co.jp/

株式会社ジオ・キュービックは、中・大規模ウェブサイト構築、システム開発を主体としたウェブ制作会社です。多様な業種のお客様への技術提供によって培ってきたシステム開発技術を活かし、ASPサービスの展開、ソフトウェア開発・販売をしています。
これまでに官公庁向けのイントラネットシステム開発やウェブサイト制作を始め、大手企業向けウェブサイトプラットフォームの開発など、提案・設計・デザイン・制作をワンストップで提供しています。

■日本ノーベル株式会社 概要(2013年5月現在)
設立:1980年4月9日
資本金:1億円
代表取締役社長:鈴木 祥夫
従業員数:115名
本社所在地:東京都北区王子2-30-2
事業内容:ソフトウェア開発、システム開発などの各種サービス提供
会社ホームページ: http://www.jnovel.co.jp/

日本ノーベルは独立系のソフトウェア会社です。ITで日本のものづくりを支える力になろうと1980年に創業し、以来FAシステムや計測制御など、産業分野の省力化、合理化ニーズに応えるトータルソリューションを提供してまいりました。
近年は培ってきた技術力をベースに機能安全開発向けの評価サービスや、画像処理とロボット制御による組込み機器の為の自動テストシステムQuality Commanderなどのオリジナル製品・サービスを開発、提供しています。

■登録商標等記載
遊戯王は株式会社集英社の登録商標です。
デュエルマスターズは株式会社コナミデジタルエンタテインメントの登録商標です。
ヴァンガードは株式会社ブシロードの登録商標です。

以上

お問い合わせ先

日本ノーベル株式会社 営業本部 担当:松尾
TEL:03-3927-8801 FAX:03-3927-8802 E-mail:sales@jnovel.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する