住まいの火災のおそれがある場所に手軽で設置できる/携帯火災警報器を新発売

スペースワークス

投稿日:2015年10月27日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 生活関連技術 ] [ 特殊技術・特許 ]

住まいの火災のおそれがある場所に手軽で設置できる/携帯火災警報器を新発売

温度センサ開発のスペースワークス(京都府亀岡市/代表和田耕一)は、住まいの火災のおそれがある場所に手軽に設置できる「携帯火災警報器」の製品を新規発売した。

■住宅火災の現状と背景および対策
1.住宅に於いて、火災の3大要因は放火・コンロ・タバコです。また火災の原因がカーテンの延焼によるもので、近年多発している。この住宅火災を早期に発見して、初期の消火活動により火災を防止する事が最も重要なことです。

■携帯火災警報器の概要
1.警報器とピンスイッチと電池(DC4.5V)で電子回路を構成する一般的な防犯警報回路に於いて、温度メモリセンサ(スイッチング機能)を回路接続した防犯機能付異常温度警報器です。
2.ピンスイッチはストラップを取付け、警報器の試験スイッチとし、非常のスイッチとして使用する。
3.回路に外部入力端子を設け、他機能の異常信号の警報もできる。
【備考1】:警報器は電子ブザーを使用し、ピンスイッチはスティックピンスイッチを使用する。
【備考2】:温度メモリセンサは可溶絶縁電線(軟化)と形状記憶合金(復元)を利用して、組合せ一体化した製品です。設定温度は80℃です。

■携帯火災警報器の設置
1.住まいの火災のおそれがある炊事場、居間、寝室、仏間などに携帯火災警報器を設置する。
(1)例えば、炊事場、居間、寝室、仏間などで火災が生じた時、設置した携帯火災警報器の温度メモリセンサが火災の伴う異常温度を感知し、電子ブザーで火災の伴う異常温度を警報する。
2.住まいの放火のおそれがあるガレージ、物置、ゴミ置場、倉庫などに携帯火災警報器を設置する。
(1)例えば、ガレージ、物置、ゴミ置場、倉庫などで火災が生じた時、設置した携帯火災警報器の温度メモリセンサが火災の伴う異常温度を感知し、電子ブザーで火災の伴う異常温度を警報する。
3.体調不調や人身事故など非常事態が生じた時、ピンを引き抜き電子ブザーで非常警報ができる。
4.このように、住まいに於いて火災のおそれがある場所や放火のおそれがある場所の火災の伴う異常温度を電子ブザーの警報により、早期に発見でき、初期消火により火災を未然に防止する事ができる。極めて画期的な方法です。
【参考事項】:火災の際、携帯火災警報器のケース材質が変形(溶融)しても1分前後の警報音を発する。また、火災状況によりますが、火災の発生から通常20分程度の警報音を発することができる。

■携帯火災警報器の特徴
1.住まいの火災のおそれのある場所や放火のおそれのある場所に手軽に設置できる。
2.火災の発生場所のより近くに設置することで、火災の伴う異常温度を早期に発見できる。
3.防犯警報器に温度メモリセンサを組合せた製品です。設定温度(80℃)です。
4.非常警報と異常温度警報を兼ね備えた待機電力ゼロのエコ製品です。
5.携帯に便利な極めてコンパクトで軽量です。また、取扱いが非常に簡単です。
6.持ち運び/設置(吊す、置く、持ち歩く)が自由にでき、いろいろな場所に移動して設置ができる。
【参考事項】:携帯火災警報器の背面に市販のマグネットシールを貼付する。設置が非常に便利です。
■異常メモリセンサの特徴
1.異常メモリセンサはスイッチング機能で待機電力ゼロのエコ技術です。
2.形状記憶合金は永続的記憶で錆がなく、一度作動すれば永続に保持する。
3.作動は電源不要の物理的動作で、誤作動がなく敏速で精度良く長年に渡り使用できる。
4.非復帰型で作動後の確認ができる。(一度感知作動/再不能。作動個所を削除し接続替え)
5.消防法令基準の定める定温式感知器1種(120秒)の性能に対応できる製品です。

■携帯火災警報器の用途
1.住宅などの火災のおそれや放火のおそれのある場所に使用できる。
2.炊事場、仏壇間、居間、寝室/ガレージ、物置、ゴミ置場、倉庫)に使用できる。
3.発火のおそれがある家電製品(ファンヒーターなど)、パソコン機器に使用できる。
4.店舗の陳列棚などに使用できる。
5.アウトドアなどに使用できる。                        

■携帯火災警報器の仕様
【1】携帯火災警報器〔KKK-1〕 ◇標準価格 3,600円
(A)温度メモリセンサ:設定温度:80℃(±10) 熱感知方式 (B)警報器:音量100db以上(前方1m) (C)外部接点:a接 (D)電池:LR44型ボタン電池(3個)4.5V (E)ケース材質:難燃性ABC樹脂成型品(白、黒、赤、灰、黄、桃)(F)寸法:D40×W60×H20/mm (G)重量:約40g
【備考】:非復帰型で作動後の確認ができる。(一度感知作動/再不能。作動個所を削除し接続替え)

■お気軽にお問い合せ下さい。(技術移転、共同開発などご関心のある方も、お問い合せ下さい)

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
スペースワークス    担当 和田     
wadakame@siren.ocn.ne.jp
℡ 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932

■会社概要
商号  : スペースワークス
所在地 : 〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
代表者 : 和田 耕一
設立  : 2002年1月10日
資本金 : 1,000万円
事業内容: 〔新製品の開発、製造販売〕
電話番号: TEL 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932
メールアドレス: wadakame@siren.ocn.ne.jp
URL: http://www.fhos.co.jp/spacew

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する