オープンソースPBXソフトウェア「Asterisk」に対応した新しい修正プログラムを提供開始

サービス分野: [ IT技術 ]

オープンソースPBXソフトウェア「Asterisk」に対応した新しい修正プログラムを提供開始

楽天グループの通信事業会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 相木孝仁 以下、フュージョン) は、従来のバージョンに加え、Asterisk 1.8.9.0に対応した「FUSION IP-Phone対応Asterisk修正プログラム(以下修正プログラム)」を本日より提供開始いたします。

当社は、2010年4月より、オープンソースのPBXソフトウェアである「Asterisk※」を利用してFUSION IP-Phoneを直接接続できる様に、Asterisk修正プログラムを開発、提供しております。

Asterisk(米国Digium, Inc.開発)は、従来高価なPBX専用機でしかできなかった企業向けの構内電話交換機能を、安価な一般向けパソコンで実現出来る、革新的なオープンソースソフトウェア(OSS)です。国内においても、フュージョンのAsterisk接続正式対応以降、導入事例が増加しており、構内電話網の構築に関するコスト削減や業務効率の向上に貢献しております。
Asterisk導入事例:http://www.asterisk-fusion.jp/cases/

従来の修正プログラムはAsterisk1.4.26.3に対応したものですが、従来の修正プログラムのリリース以降、Asteriskの開発元であるDegiumu社より様々なバージョンのAsteriskが公開されております。そのため、かねてからお客様より新しいバージョンに対応した修正プログラムを提供してほしい、という声が多数寄せられておりました。

今回、これらのお客様のご要望にお応えし、新たなバージョンの1つであるAsterisk 1.8.9.0に対応した修正プログラムを開発、リリースいたしました。新たな修正プログラムは、下記のサイトより無償でダウンロードすることができます。
修正プログラム:http://www.asterisk-fusion.jp/patch.html

当社は、今後もIP電話網のオープン化によりお客様のビジネスの発展に貢献するため、日本におけるAsteriskの普及を推進してまいります。

【フュージョン・コミュニケーションズ株式会社について】
「Everything Over IP」の実現をコンセプトとして、固定通信 (マイライン)、IP電話、モバイル (楽天モバイル) 、インターネット接続サービスを提供し、IPプラットフォーム上での音声、データ、コンテンツやアプリケーションの新たな可能性を創出すべく、楽天グループの通信事業会社として更なる事業展開、拡大を目指します。詳細はhttp://www.fusioncom.co.jp/ をご覧ください。

※ Asteriskは、米国Digium, Inc.の登録商標です。本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します

お問い合わせ先

[リリースに関するお問い合わせ]
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 経営企画部 内山 明夫
電話番号:050-5518-8087
E-mail:pr@fusioncom.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する