空回りしてどんどん汚れていってしまう、くまのぬいぐるみ「おぐま」 ショートアニメ公開スタート!

株式会社アイディール

投稿日:2013年1月16日

サービス分野: [ エンターテイメント ]

空回りしてどんどん汚れていってしまう、くまのぬいぐるみ「おぐま」 ショートアニメ公開スタート!

自社開発したキャラクターのライセンスビジネスから、製作委員会形式によるライセンスビジネスまで、キャラクターライセンス事業を幅広く展開する株式会社アイディール(本社:東京都港区、代表取締役CEO:小林淳 http://ideal-inc.com/ )は、自社開発によるアイディール動画プロジェクト第二弾として、空回りしてどんどん汚れていってしまう、くまのぬいぐるみ「おぐま」と、「おぐま」のショートアニメを公開しました。

【「おぐま」概要】
“「おぐま」は、汚れてパンダのような柄がついてしまった「くま」のぬいぐるみ。売れる商品になる為に色々チャレンジするけど、ことごとく裏目に出て、汚れたり壊れたり裂けたり潰れたり・・・。でも、いつか愛されるステキなぬいぐるみになることを夢見て、今日もめげずにがんばるよ!”

可愛がってもらうために努力するけど、それが裏目に出て汚れてくクマのぬいぐるみ、「おぐま」。本アニメーションの中で流れている楽曲にも力を入れ、現在活動中のプロアーティスト達がレコーディングに匿名参加したバンドサウンドの楽曲をバックに、可愛らしいタッチのおぐまが空回りしてボロボロになっていく、というギャップのあるミュージックビデオ風のキャラクターアニメーション作品になっております。イラストの可愛らしさとサウンドのアンバランスさが他のアニメーションには無いシュールな世界観を醸し出している作品となっております。

【今後の展開について】
今後「おぐま」の持つ世界観を存分に生かした書籍・雑貨など幅広いライセンシー企業を募集し、キャラクターコンテンツとして長く愛される展開を目指しています。

【アイディール動画プロジェクトとは】
弊社は2007年、モバイルコンテンツの制作におけるプロフェッショナル集団としてスタートしました。エンターテイメントで「感動」を作り出し・ネットを通じ、ユーザーに最も近い場所から直に届けたいという想いから、2011年、自社でのオリジナルキャラクター・オリジナルアニメーションの開発プロジェクトが立ち上がり、第一弾として「もふもふパカラッタ」が誕生しました。

実績としましては、2011年に国内最大級の動画共有サイト「ニコニコ動画」にて公開した「もふもふパカラッタ」動画第一弾がエンターテイメント部門28位に、第二弾がエンターテイメント部門14位にランクイン。それを受け、ニコニコ動画のユーザー層と同じ10代20代の男女に受け入れられる商品展開を行いたくライセンシー様を募集した所、アミューズメント・カプセルトイの2分野にて商品化が決まり、2012年11月発売開始となりました。
第一弾・第二弾ともに「バカなことを全力でやる」をテーマに、全面悪ノリで制作したキャラクターとなっております。

===============
■公式ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19780955

■公式You Tube
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=rL6uHY827IE

■公式facebook
http://www.facebook.com/ideal.characters

■公式サイト
http://oguma.info/

===============
以上

【会社概要】
会社名 :株式会社アイディール
代表者 :代表取締役社長 小林 淳
所在地 :東京都港区西新橋3-13-7 MG愛宕ビル4階
連絡先 : TEL 03-5469-7563 FAX 03-5469-7561
設立 : 2007年4月3日
事業内容 : インターネットのホームページ及びインターネット上のデジタルコンテンツの企画、製作、管理及び販売インターネットを利用した通信販売、広告業務、各種情報提供サービス及びホームページの企画運営
URL    : http://ideal-inc.com/

お問い合わせ先

【本件に対するお問合せ先】
株式会社アイディール
コンテンツプロデュース部 田澤
TEL:03-5425-7233
FAX:03-5425-7234
email:support@oguma.info

 

株式会社アイディールによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する