発表!インソース研修伸び率ランキング2012

株式会社インソース

投稿日:2012年12月26日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

社会人向け研修を「講師派遣型」年間約7,500回、「公開講座」年間1,000回手がける株式会社インソース(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:舟橋孝之)は、2012年の研修伸び率ランキングを発表しました。


■民間企業 (2012年4月1日~9月30日実施分を前年同期間と比較)
http://www.insource.co.jp/pr/big_c.html#rankingBox

【第1位】ハラスメント防止研修(300%UP)
http://www.insource.co.jp/kanrisyoku/harassment-top.html
女性管理職の増加、女性から男性へのハラスメントが増えていることが一因となって、新任管理職向けセクハラ・パワハラ防止研修のご要望を多くいただきました。
事例をカスタマイズ可能な点も好評いただいております。

【第2位】ロジカルシンキング研修(250%UP)
http://www.insource.co.jp/contents/pickup_logicalthinking.html
若手・中堅社員が業務を効率良く行い、仕事の整理をするために役立てる研修として、多くのご要望をいただきました。
単なるスキルではなく、実際に現場で使うロジカルシンキングができるようになるとご好評いただいております。

【第3位】営業力向上研修(220%UP)
http://www.insource.co.jp/sales/sales_top.html
経済が停滞するなか、どの企業も営業力強化とCS向上に取り組んでいます。
特に、今まで通りの営業方法では生き残れないという危機感から、新規開拓する力をつけるための営業力向上研修が人気を集めました。


■官公庁・自治体 (2012年4月1日~9月30日実施分を前年同期間と比較)
http://www.insource.co.jp/pr/gov.html#rankingBox

【第1位】新人研修(600%UP)
http://www.insource.co.jp/contents/shinjin_front2013.html
ビジネスマナーの他、ご要望に応じてビジネス文書・プレゼンテーション・タイムマネジメントなどのビジネススキル研修を多く実施しました。
また、2012年は全国に支社を出店したことで、地方のお客さまに身近な存在になれたことも一因のようです。


【第2位】業務改善研修(325%UP)
http://www.insource.co.jp/kenshu/gyoumukaizen_top.html
予算削減により職員数は減っているが、業務量は増えています。
そのため、仕事のやり方を見直したい、事務ミスを減らしたい、整理力を向上させたいなど身の回りの見直せるところを見直したいというご要望が多かったようです。
また若手に日常業務に対する問題意識を持たせるために実施することも多くなりました。


【第3位】企画力・政策形成研修(176%UP)
http://www.insource.co.jp/jichitai/jichitai_middle15.html
第2位業務改善研修と同様、現状打破のため、実施に踏み切る自治体様が増えています。
研修はプロジェクト型の実践的なものが多く、現場に持ち帰りやすい点も好評いただいております。


■昨年の伸び率ランキングは以下のURLよりご覧いただけます
http://www.insource.co.jp/gaiyo/newsrelease111230.html


■株式会社インソースについて
本社:東京
所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1‐19‐1 神田橋パークビル5階
TEL:03-5259-0070
支社:北海道支社、東北支社、関東支社、名古屋支社、大阪支社、中四国支社、九州支社
現地法人:INSOURCE HONG KONG LIMITED(インソース香港)
URL:http://www.insource.co.jp/gaiyo/gaiyo.html

事業内容:
1.社会人向け教育研修事業
http://www.insource.co.jp/kyoiku/keitoubetukenshu_top.html
2.コンサルティング調査事業
http://www.insource.co.jp/consulting/
3.コールセンターコンサルティング事業
http://www.insource.co.jp/call/call_top.html
4.研修関連システム開発・ASP提供事業
http://www.insource.co.jp/it-tool/it-tooltop.html

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 企画開発部 WEB統合開発G
電話番号 : 03-5259-0070
E-mail : https://www.insource.co.jp/contact/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する