Salesforce対応!帳票☆クラウド 出したい放題ライセンス の提供を開始します

日本オプロ株式会社

投稿日:2012年12月5日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ]

2012年12月5日
報道関係各位

Salesforce対応!帳票☆クラウド 出したい放題ライセンス発表
「OPROARTS Prime for Force.com」エンタープライズライセンスの提供を開始
同時に、プライベートライセンスの提供も開始

日本オプロ株式会社

日本オプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:里見 一典、資本金:2億7千197.5万 以下、オプロ)は、帳票☆クラウド「OPROARTS Prime for Force.com」の新ライセンスを発表すると同時に、販売を開始いたします。「OPROARTS Prime for Force.com」は、2007年10月より提供を開始した、Salesforceとリアルタイムに連携したPDF出力やプリンタへの直接印刷が可能なサービスです。グラフやバーコードにも対応しており、FAX送付、PDFメール添付も可能です。請求書の出力では、封入・投函作業をアウトソーシングするサービスにも対応しています。

これまで提供してきたスタンダードライセンスでは、帳票出力を実行するユーザー数による課金と、すべてのユーザーが出力する総ページ数に応じた従量課金のライセンスでしたが、エンタープライズライセンスでは、利用するユーザー数と出力ページ数に制限を設けず、定額で利用できるライセンスとなります。多くのお客様からご要望を受けた、帳票出したい放題ライセンスです。また、新機能として、Salesforceとリアルタイムに連動したMicrosoft Excel形式とWord形式の出力もサポートいたします。更に、ご利用が拡大しているセルフサービスライセンスである「OPROARTS Live for Force.com」のデザイナーを1ライセンス付与してご提供いたします。

ご利用料金は、初期費用350,000円、月額利用料金は、348,000円となります。エンタープライズライセンスの選択検討の目安は、1,000ユーザー以上、利用ページ数は、月100,000ページ以上の出力の場合となります。また、上記料金の他に、ご利用される帳票のレイアウト数による費用が必要となります。

同時に販売を開始するプライベートライセンスとは、拡張性やセキュリティ等お客様のご要望合わせて「OPROARTS Prime for Force.com」を独立したプライベートの環境でご提供するライセンスです。独立した環境で利用できる為、拡張性やセキュリティを考慮したご要望を受ける事が可能です。初期費用と月額利用料金は、ご要望の内容により異なるため、オープン価格となります。

販売目標は、2014年1月までにエンタープライズライセンス、プライベートライセンス合わせて30社の導入を目指します。

紙の帳票からインターネットで利用できるWEB帳票へ「OPROARTS」は、お客様の声を大切に、日本古来からある帳票の利用方法にイノベーションを提供して参ります。

■ オプロ 製品に関するウェブページ
 「エンタープライズライセンス」 http://www.opro.net/products/PrimeForce/enterprise.html
 「プライベートライセンス」 http://www.opro.net/products/PrimeForce/private.html
 「OPROARTS Prime for Force.com」 http://www.opro.net/products/PrimeForce/index.html
 「OPROARTS Live for Force.com」 http://www.opro.net/products/LiveForce/index.html

■オプロの概要
社名:日本オプロ株式会社
社長:里見 一典
資本金:2億7千197.5万円
設立:1997年4月4日
所在地:東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6階
URL:http://www.opro.net/

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
日本オプロ株式会社
管理部 澤野 敏郎
e-mail:sales@jp.opro.net
電話:03-5765-6510 / FAX:03-5765-6560
〒105-0014 東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6階

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する