組み込みエンジニアトレーニング教材 E+

株式会社アドウィン

投稿日:2012年11月14日

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ] [ 教育・人材 ]

組み込みエンジニアトレーニング教材 E+

【実社会でも即戦力になる人材育成。「E+」で組み込み教育が変わる!】

多くの工学教育機関で用いているPICマイコンは実社会の開発であまり用いられていないだけでなく、近年必要となってきているマルチメディア処理を行えるだけの処理性能を有していません。また、現在市販されている教材でマルチメディア処理の演習を手軽に行える教育教材は殆どなく、ボタンやLED だけで構成される乏しい入出力インターフェースでは、学生の興味関心や学習意欲を向上させることは困難なのが現状です。

一方、企業側でも、学校での組み込み教育に対して『企業でも広く用いているモジュールを用いて実践的な内容を学んでほしい』、『仕様の検討から設計・開発まで一連の流れを体験しておいてほしい』、『問題解決までの粘り強さを身につけてほしい』など、即戦力を求める声が多く聞かれます。 組み込みエンジニアトレーニング教材『E+』は、そんな学校、企業両社のニーズを満たした実践的な組み込み技術者育成教材です。学生の関心が高いスマートフォンを始め携帯デバイスに搭載されているタッチパネル式液晶モニタ、音声入出力、各種センサ、SDカードスロット、インターネット通信インターフェースを標準装備し、学習者の意欲に120%応える高いポテンシャルを持っています。

また、基礎から応用まで充実したテキスト、多数のサンプルプログラムを付属のCDに収録。組み込み技術の導入教育から課題研究、コンピュータアーキテクチャの授業まで1台で幅広く活躍します。さらに、今後『E+』をさらにグレードアップする、拡張モジュールも順次ラインナップ予定。ますます実戦的な教材に進化していく『E+』に、どうぞご期待ください。

【実践的な機能を多数搭載】
●メモリSDRAM32MB を搭載
●タッチパネル付フルカラーLCD搭載(320×240)
●MP3再生機能、音声入力が可能(Audio in/out)
●各種センサー(温度/光量/距離/赤外線/ポテンシオメータ) を実装済み
●100Base Ethernet I/F、RS232C I/F
●SDカードI/F、圧電ブザー、LED、SW
●RTOS (TOPPERS/JSPなど) 実装可能
●充実のサンプルプログラム付き
●ネットワークプログラミングの実習可能
●高い拡張性(拡張I/F) とフリー実験領域有り
【業界標準の高性能RISCマイコンを採用】

組み込み業界において、最もポピュラーなルネサスエレクトロニクス製SH7084 80MHzを採用。組み込み業界で求められる、即戦力の人財を育成することが可能です。

【視覚、聴覚、触覚に訴える機能】
フルカラータッチパネル付きLCDや、MP3再生機能により、学習者の視覚、聴覚、触覚に訴える、非常に楽しく、充実した学習プログラムを組むことが可能です。充実したインタフェースにより、学習者の学習意欲を高め、独創性あふれるプログラミングを行うことができます。

【幅広い教育をサポート】
マイコンに今日触るという初心者から、すでに組み込みプログラミングを行っている上級者まで、幅広い人材に対応したハード内容となっております。LEDやSWの操作から、割り込み、ネットワークプログラミング、果てはRTOSまで、組み込みプログラミングに求められるスキルをこの1枚で学習することが可能です。

【高い拡張性と充実したセンサー装備】
「E+」は、拡張バスコネクタに接続することにより、FPGAボードや、各種ボードを接続することができ、高い拡張性を持っています。また、下記のセンサーを標準装備または接続することができます。
●距離センサー
●温度センサー
●光量センサー
●ポテンシオメータ
●リモコン受光モジュール

【豊富なサンプルプログラム】
先生の授業準備を助けたり、学生の学習意欲を刺激する、豊富なサンプルプログラムをご用意しています(製品CDに収録)。
●LED点灯プログラム
●スイッチ割り込みプログラム
●ブザーによる簡易演奏プログラム
●LCD表示プログラム
●MP3演奏プログラム
●RTOSによるマルチタスクプログラム
※ その他、「E+」のポテンシャルをさらに引き出す豊富なサンプルプログラムをご用意しています。

【無料の開発・評価環境「HEW」を使用】
ルネサスエレクトロニクス製開発環境「HEW」を使用することにより、無料で開発を行うことができます。また、「E+」にはルネサス純正のモニタープログラムが書き込み済みですので、購入いただいたその日から、プログラムを開発、デバッグすることが可能です。

【組み込みエンジニアトレーニング教材 E+の仕様】
CPU SH2 (SH7084) 80MHz
フラッシュメモリ 256Kbyte
内部メモリ 8Kbyte
外部メモリ 32Mbyte(SDRAM)
インターフェース MMC(SD カード)
イーサネットアダプタ
RS-232C アダプタ
ディスプレイ 2.2インチカラーLCD(タッチパネル付き)
赤外線センサ、距離センサ、温度センサ、光センサ、ポテンショメータが使用可能
I/O 汎用入出力4 端子
AD 変換2 端子
スイッチ8 個 / LED 8 個
音声入出力 マイク入力回路
MP3 デコーダIC
その他 8bit DAC
圧電ブザー
ブレッドボード領域
モニタデバッガ搭載

【商品構成】
E+実験ボード本体/USBケーブル/ソフトウェアCD(テキストPDFデータ)
①ハードウエアマニュアル
②スタートアップガイド
③基本マニュアル
④応用マニュアル 及び サンプルプログラムを収録)

お問い合わせ先

[販売元]
株式会社アドウィン 営業部
TEL:082-537-2460  受付時間:月~金9:00~17:00 (年末年始は除く)
FAX:082-238-3920
E-mail:hanbai@adwin.com
URL:http://www.adwin.com

※組み込みエンジニアトレーニング教材『E+』は、石川高専と東京ドロウイング株式会社で共同開発された教材を、株式会社アドウィンが販売ライセンスを取得し販売するものです。

 

株式会社アドウィンによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する