【介護・福祉施設向け導入事例】社会福祉法人きらくえん様 法人理念に基づいたシステム導入で業務効率化

サービス分野: [ IT技術 ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ 教育・人材 ]

【介護・福祉施設向け導入事例】社会福祉法人きらくえん様 法人理念に基づいたシステム導入で業務効率化

株式会社内田洋行ITソリューションズ西日本は2012年10月24日(水)、社会福祉法人きらくえん様に介護・福祉施設向けソリューション「絆」を納入した導入事例を、ウェブサイトで公開いたしました。

社会福祉法人きらくえん様は、最初の特別養護老人ホームである喜楽苑が開設された1983年以来、『ノーマライゼーション』を法人理念に掲げ、「人権を守る」「民主的運営」を運営方針に、入居者・職員の人権を守る環境づくりを重視してきました。2000年4月介護保険の施行当時、まだ世間ではあまり広まっていなかったケアマネジメントシステムを導入し、定期的に改正される制度に迅速に対応した効率的で正確な運営を行なうことで、利用者と向き合うことのできる時間を多く確保することも行なってこられました。ユニットケアが制度化された2003年度よりはるかに早く個室・ユニット化を実現した「いくの喜楽苑」、2001年に全室個室ユニット化を実現した「けま喜楽苑」には、今も全国からたくさんの見学者が訪れます。

2004年7月、それまで施設ごとに異なっていたシステムを、内田洋行ITソリューションズ西日本(以下、ITW)により4施設すべて「絆」に統一。さらに2007年6月には「絆Super人事給与」を導入し、各拠点で行なっていた処理を本部で一括して行なうことが可能になるとともに、法人事務局と4施設の計5拠点をインターネットVPNで接続することで機密性の向上を実現しました。
この事例では、同法人の理念や方針に基づき導入したシステムの詳細と実際の現場での活用例、同法人がITWの提案を採用されたポイントを紹介しております。

また、今後の課題として、万が一の災害時の対応のためデータを保護するバックアップ・システムの活用についてや、iPadやスマートフォンなどの利用についても触れています。

ウェブサイトでは、さらに詳細な情報がご覧いただけます。
http://www.uchida-itw.co.jp/contents.php?id=546

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社内田洋行ITソリューションズ西日本
担当者名:人見貴行
TEL:075-341-4141
Email:toiawaseform@uchida-itw.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する