世界で唯一【Hana塩昆布】

株式会社鳥居商店

投稿日:2012年10月23日

サービス分野: [ 食品・食材 ]

世界で唯一【Hana塩昆布】

平成23年10月3日放送開始、NHK朝の連続テレビドラマ「カーネーション」にあわせ、世界で唯一当社オリジナル「カーネーション塩昆布」の開発・販売を致しました。北海道産天然昆布を「こだわり」調味料で時間をかけじっくりと炊き上げた塩昆布に、長崎県対馬沖の自然海塩から昔ながらの製法で仕上げた「浜御塩(はまみしお)・焼塩」をミックス!! 昆布と塩にこだわった『究極の塩昆布』に仕上げました。
食用カーネーションは、島根県の自然豊かな奥出雲で無農薬栽培された花を一枚一枚丁寧に、丹精込めて乾燥させたものを使用。究極の塩昆布とカーネーション花をミックスし、見た目もきれいで、美味しく、カーネーション花の効果もあり、お茶漬け・おにぎり・サラダ・パスタなど様々な料理方法でお召上がり頂けます。
「Hana塩昆布」に使用している「花」はDEF(Dry Edible Flower/ドライ・エディブルフラワー)と呼ばれ、食べる事の出来る【食用のお花・乾燥押花】です。世界でも珍しいDry Edible Flower(ドライ・エディブルフラワー)は生花と違い鮮度に左右されにくく、お花の種類や色もたくさんあり、植物工場内で育てることにより、一年を通してDEFの生産・供給が可能になりました。10年以上の製造経験からその花に最適な乾燥条件を、独自開発した「押し花機」を使用して実現しています。また、食用にできる花かの調査・検証を行い、お花自体の安全性を確認しています。
当社独自の技術で、大変困難である、塩昆布に「花」をちりばめることに成功し、商品化致しました。
欧州では昔からサラダなどで「花」を食べる習慣があり、近年、日本でもお花を飾った料理やお菓子、パンやロールケーキ、アイスクリームの他、クッキーやマカロン、お煎餅など幅広く利用されています。
北海道産天然昆布は、山と海の栄養分が自然に混ざり合った豊かな北海道の海で2年もの歳月をかけて成長し、熟練した昆布漁師が手作業で採取する「海の野菜」ともいわれる大切な天産物です。
日本古来の「健康食品」として、日本人の食生活を支えてきた「こんぶ」の歴史は大変古く、近年における日本の食生活の欧米化の一方で「日本料理」には欠かせない食材としてだけではなく、昆布の持つ栄養価の高さからも、後世に残していくべき大切な食品なのです。
食用花は、カーネーションの他、バラ、ラッキークローバー(四葉のクローバー)、ビオラ、コスモス、アジサイ等、四季折々の花を取り揃え、世界で唯一【Hana塩昆布】として様々な分野で拡販を致してまいります。
創業以来80年、「昆布」を生業として歩んで参りました当社にとりまして、未曾有の大災害となった「東日本大震災」の復旧・復興に少しでもお役に立てることができたらと考え、被災されました方々や、震災後の原発事後等の影響により現在でもご不便な生活をされておられる方々、それを支えている多くの日本国民に「夢と希望」を持って頂き、前向きに進んで頂けるよう「Hana塩昆布」の開発・販売を決意致しました。
◆平成24年第3回岸和田ブランド認定。

お問い合わせ先

株式会社鳥居商店
大阪府岸和田市土生町4098
tel 072-422-5464
e-mail info@torii-kelp.co.jp

 

株式会社鳥居商店によるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する