Fiorano SOA Platform の新バージョン (9.5.0) をリリース

サービス分野: [ IT技術 ]

ピア ツー ピアな分散型データフロー システムのパイオニアである フィオラノ ソフトウェア株式会社 (本社:東京都港区、以下フィオラノ ソフトウェア) は、SOAプラットフォームの新バージョン Fiorano SOA Platform 9.5.0 を本日リリースし、販売を開始しました。

Fiorano SOA Platform は、SOA ソリューションを簡単かつ迅速に構築するための包括的な機能を備えた製品で、エンタープライズ レベルの運用管理機能と開発環境を中小企業のユーザーにも提供することを目的とした製品です。

Fiorano SOA Platform 9.5.0 では、旧バージョンの問題点を解消していることに加え、多くのの機能が強化、追加されています。代表的な新規機能には、次の4つがあります。

○ B2B (電子商取引) 用アダプターの追加、拡張
o AS2 アダプター
AS2(EDIINT AS2) EDI プロトコルに準拠したメッセージの送受信

o EBMS アダプター
ebXML メッセージ サービスの仕様に準拠した EDI メッセージの送受信

o SMTP/POP3 アダプター
AS1 (EDIINT AS1) EDI プロトコルに基づくメール送受信機能を追加

なお、弊社では本年中に本格的な B2B ゲートウェイとして機能する Fiorano B2B をリリースする予定でおります。


○ SAP B1アダプター
SAP B1 アダプターは、SAP Business One ERP (バージョン 8.8, 2004, 2005, 2007)
とのデータ交換を可能とするアダプターです。

○ JSON コンバータ コンポーネント
JSON (JavaScript Object Notation) コンバータは、XML フォーマットと JSON フォーマット相互間のデータ変換を行うためのコンポーネントです。

○ Fiorano ESB の機能の拡張、改善
RDB の BLOB データに関する拡張、 Web サービスの SSL セキュリティ機能の拡張、
eStudio によるシステム管理監視機能など Fiorano SOA Platform の基盤となって
いる Fiorano ESB の拡張、改善をおこなっています。


その他の新規機能、機能拡張および詳細については、リリース ノートをご参照ください。
http://www.fiorano.com/jp/docs/fsoa9/950/htm/Release_Notes.htm



フィオラノ ソフトウェア株式会社は、欧米の企業ユーザーの間で認められている Fiorano SOA Platform の優位性を日本市場においても広めることに努め、本年度 30 ユーザーへの導入を目標としています。


------------------------------------------------
■ Fiorano SAO Platformについて
------------------------------------------------
Fiorano SOA Platform は、
・ コンポーネント アーキテクチャによるビジネス プロセス
・ピア サーバーによるピア・ツー・ピア (P2P) ネットワーク
に基づいた世界初の SOA 構築、運用プラットフォームです。

中央のアプリケーション サーバー上でプロセス エンジンを実行する "ハブ&スポーク" 形態の短所を排し、コンポーネントを分散実行させることでビジネス プロセスを実現する新世代の SOA プラットフォームといえる製品です。

また、製品にバンドルされている 60 種類を超えるサービス コンポーネントを利用することでプログラミング作業をほとんど行うことなくビジネス プロセスを構築することができ、開発期間とコストを飛躍的に短縮します。新たなアダプター製品の追加購入も必要としません。


------------------------------------------------
■ 動作環境
-----------------------------------------------
Fiorano SOA Platform は、Java 5 以降がサポートされているプラットフォームであれば稼動することができます。代表的なプラットフォームには以下のものがあります。
・Windows NT Server / XP Professional (32bit 版および 64bit 版)
・Linux (Red Hat, Suse, Debian)
・Sun Solaris (9x 以降)
・HP-UX (11i 以降)
・IBM AIX (5x 以降)

最小限必要なハードウェア リソース
CPU : 1 GHz 以上、32-bit および 64-bit
メモリおよびディスク容量 : 2GB RAM、5GB ディスク スペース


------------------------------------------------
■ 導入事例
------------------------------------------------
フィオラノ ソフトウェアの Web ページから導入事例を参照できます。
http://www.fiorano.com/jp/casestudies/successstories.php


-----------------------------------------------------
■ 参考資料
(弊社 Web サイトからダウンロードすることができます)
----------------------------------------------------
・製品紹介ページ : http://www.fiorano.com/jp/products/products.php
・製品パンフレット : http://www.fiorano.com/jp/docs/fsoa_datasheet_jp.pdf
・資料センター : http://www.fiorano.com/jp/whitepapers/whitepapers.php
・ソリューション紹介 : http://www.fiorano.com/jp/solutions/solutions.php


------------------------------------------------
■フィオラノ ソフトウェア株式会社について
-----------------------------------------------
フィオラノ ソフトウェア株式会社は、Fiorano Softwareグループの一員として、日本市場における製品販売および顧客サポートをパートナー企業と共に行っています。

Fiorano Softwareグループは、ビジネス プロセス インテグレーションおよびメッセージング技術で市場をリードしている企業グループです。Fiorano Softwareのソリューションは、インターオペラビリティ、パフォーマンス、スケーラビリティ、ROIなどの面で新たなパラダイムをもたらしています。ABN AMRO、ボーイング、ブリティッシュテレコム、Capgemini、マッケンソン、NASA、POSCO、シュルンベジェ、ロッキードマーチン、合衆国沿岸警備隊、ボーダフォンなどの世界的なリーダー企業でFioranoの技術が採用されており、企業のバックボーン・システムとして稼働しております。

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

フィオラノ ソフトウェア株式会社 担当:青島
E-mail:info_jp@fiorano.com TEL:03-6228-4162

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する