パーソナルエージェントは@nifty不動産で不動産売却を検討中の方に『セカンドオピニオン』を無料紹介

サービス分野: [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ] [ コンサルティング ]

パーソナルエージェントは@nifty不動産で不動産売却を検討中の方に『セカンドオピニオン』を無料紹介

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
不動産会社の営業マンの見える化を進める「パーソナルエージェント」は、「@nifty不動産」と連携し、不動産売却を検討している方に『セカンドオピニオン』の無料紹介スタート! 
~いつでも簡単に複数の専門家からのアドバイスが聞ける!高額な不動産の売却には、消費者をより良い判断へと導くサポートが必要です!~ 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 不動産会社の営業マンに対する消費者の根強い不安と不信の解消を目指すパーソナルエージェント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:坪内健介)は、不動産会社に勤める営業マン一人ひとりの知識や経験を見える化するサイト「パーソナルエージェント ベータ版」( https://personal-agent.jp/ )の運営を通じて、自らの情報公開に積極的な職業意識の高い営業マンの参加を募り、消費者がニーズに応じて営業マンを検索・指名できたり、コールセンターからの紹介を受けられるサービスを提供してまいりました。

 そして、本日より、サイト連携しているニフティ株式会社が運営する「@nifty不動産」の「住まいを売る」コーナー( http://myhome.nifty.com/sell/ )にて、不動産の売却を検討している消費者に対して、売却業務を任せようとしている不動産会社とは別に専門的な知識を持った第三者をセカンドオピニオンとして無料紹介するサービスを開始いたします。これにより消費者は、当社アドバイザーを通じて、いつでも簡単に複数の専門家からのアドバイスを聞くことができ、売却活動の一つ一つのステップを納得しながら進めることができます。

 セカンドオピニオンは、主に医療業界において、主治医以外の医師に意見を聞き、複数の意見から選択することで、患者自身のより良い判断を導き出すためのものですが、高額な資産である不動産の売却においても不慣れな消費者が多く、納得感の高い不動産売却を実現するためには、より良い判断へと導くサポートが必要だと考えました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
セカンドオピニオンご利用のメリット
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■メリット1■ セカンドオピニオンの紹介は、無料です。

 セカンドオピニオンのご紹介に一切料金はかかりません。
 不動産の売却をこれから始めようとするタイミングでご相談いただくと
 様々なご提案ができます。

■メリット2■ いつでも簡単に複数の専門家に、相談できます。

 売却を依頼する不動産会社からの提案と
 ご紹介する専門家(セカンドオピニオン)からのアドバイスを総合的に判断し
 決断することができます。
 複数の意見から判断することで
 納得したうえで次のステップに進むことができます。

■メリット3■ 当社の専属アドバイザーが、相談窓口となります。

 セカンドオピニオンご紹介後も
 不動産会社ではない当社だからできる中立的な立場で
 疑問等のご相談窓口として専属アドバイザーがサポートいたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
セカンドオピニオンご利用の流れ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【1】 サービスのご利用は、パーソナルエージェントのサイトより
    無料相談にお申込ください。

【2】 サービスご説明のためのご連絡を専属アドバイザーより電話でお入れいたします。

【3】 セカンドオピニオンとして参加する専門家との
    面談日程を確定するためのご連絡を専属アドバイザーより電話でお入れします。

【4】 面談の日程が決まりましたら、専門家と面談をしていただきます。

【5】 アドバイスを受ける専門家として気に入っていただけましたら
    専属アドバイザーを介して、専門家と契約(無料)をして
    サービスがスタートします!

【6】 売却活動を進めるうえでの疑問や不安は
    窓口の専属アドバイザーにご相談ください。
    複数の専門家からの意見を提供し、お客様のより良い判断をお手伝いします。

【7】 無事、不動産の売却成立!おめでとうございます!

■お問い合わせ・お申し込みはコチラから(無料)※入力フォームが表示されます。
 
 https://personal-agent.jp/personalagent/view/inquiry/freeConsultationRegist.html?effect_id=release121004

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
@nifty不動産について
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 @nifty不動産( http://myhome.nifty.com/ )は、ニフティ株式会社が運営する賃貸・住宅情報ポータルサイトです。不動産掲載物件数1,000万件以上・16の大手不動産サイト(※1)の物件情報を一括検索することができます。※1 2012年9月14日時点

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
パーソナルエージェントについて
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 パーソナルエージェント( https://personal-agent.jp/ )は、不動産会社に勤める営業マン一人ひとりのスキル・取引経験を見える化している日本初のサイトです。公開している50項目に及ぶ知識や経験から営業マンを検索・指名することができます。しつこい営業行為等が心配な場合は、コールセンター(0120-1091-46)を通じて営業マンの紹介を受けることもできます。

■不動産会社の営業マンの見える化サービス

 多くの消費者は、『不動産会社の営業マン=ヒト』に対して根強いマイナスイメージを持っています。パーソナルエージェントは、高い職業意識を持った営業マンとの出会いが消費者のマイナスイメージを変える近道との考えから、営業マンの見える化を進めています。

■高い職業意識を持った営業マンを募集中

 『不動産会社の営業マンに対するマイナスイメージを払しょくしたい!』『今までの不動産会社のイメージを変えたい!』など。パーソナルエージェントの考えに賛同していただける営業マン、不動産会社、不動産FC、業界団体を募集しています。下記までお問い合わせください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
会社概要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■社 名 :パーソナルエージェント株式会社  https://personal-agent.jp/
■所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座1-18-2 太平ビル2F
■代表者 :代表取締役社長 坪内健介
■事業内容:情報サービス事業・インターネットメディア事業

お問い合わせ先

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
本リリースに関するお問い合わせ先
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

パーソナルエージェント株式会社 経営管理本部 広報担当 
Mail. pr@personal-agent.jp Tel. 03-6915-8391 Fax. 03-6915-8392

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する