さくらんぼの棚栽培で鮮度よし、効率さらによし。日本初のさくらんぼ棚栽培の実用化

株式会社食べ頃ドットコム

投稿日:2012年5月17日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ 食品・食材 ]

さくらんぼの棚栽培で鮮度よし、効率さらによし。日本初のさくらんぼ棚栽培の実用化

山形県東根市神町にある「(株)太陽のおくりもの斉藤果樹園」では、7年ほど前から手掛けているさくらんぼの「棚栽培」を実用化し、これまでよりも効率よく、そして良質なさくらんぼを生産できるようにした。2011年から試験的に販売、今年から本格的に販売を開始した。

 さくらんぼの棚栽培が可能にしたのは、「もぎおろし」での出荷。
通常のさくらんぼの収穫は、脚立に上って腰に付けた篭に収穫し、
それがいっぱいになったら脚立から降り、コンテナなどに開ける。
そして、それを色や大きさなどごとに分けて箱詰めをしていた。

 だが、この棚栽培では、脚立に上らずに収穫できるため、
樹になっているものから良いものだけを選んで収穫できる。
さらに、それを篭に入れずに箱詰め用のパックに直接入れるため、
手に触れる回数が激減さることが可能に。
 
 さくらんぼは手に触れる回数や時間によって
傷みが出やすいものだったため、丁寧に扱うことで鮮度を保ってきたが、
「棚栽培のもぎおろし」で、システム的に傷みを与える原因を取り除くことができるようになった。

 
 現在、通信販売の顧客に向けて販売。
インターネット上では、山形食べ頃ドットコムのサイトから購入が可能。
 

お問い合わせ先

株式会社太陽のおくりもの斉藤果樹園
0237-47-1775
saitokajuen@gmail.com
担当:伊藤

株式会社食べ頃ドットコム
0237-53-9130
info@y-tabegoro.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する