VTVジャパン株式会社

【テレビ会議導入事例】サンワコムシスエンジニアリング株式会社様

#その他(テレビ会議導入事例)

【テレビ会議導入事例】サンワコムシスエンジニアリング株式会社様
 VTVジャパン株式会社(代表取締役社長:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、サンワコムシスエンジニアリング株式会社様(代表取締役社長:奥 要治 所在地:東京都杉並区)へ、RADVISION社製のMCU及びテレビ会議システムを販売、本日導入事例をホームページにて公開しました。

 サンワコムシスエンジニアリング株式会社様では、今まで本社など一ヶ所の会議室に集合したり、電話会議を利用したりして会議を開催していました。このため出張費や通信費がかなりの負担となり、また電話会議には資料共有機能がないため、会議の進行にもストレスがありました。
 費用が月額固定のインターネット回線を利用でき、資料映像も共有できる会議ツールとして、テレビ会議の導入を検討、低コストであること・他社製品との互換性があること・設備投資費用を約2年間で回収することを条件として、機種の選定を行うことになりました。
 さまざまなテレビ会議システムを比較検討した結果、RADVISION社製SCOPIA Elite MCU 5110 Bundleとエンドポイント・SCOPIA XT1000が、製品の性能・品質面及び音声・映像・運用方法ともに十分で上記条件を満たすと判断され導入が決定しました。
 テレビ会議専用端末であるSCOPIA XT1000は本社のみに設置し、その他支店15拠点ではMCUに付属されるSCOPIA Desktopを利用することで、コスト削減を実現しました。
 役員会議や本社・支店間会議、全拠点接続による安全朝礼会議などにテレビ会議システムを活用されており、ディスカッション目的の会議はテレビ会議での開催が必須と言われるようになりました。 以前は担当者が支店に出向いていた法務相談なども、相手の表情が見えることで遠隔でもスムーズに行うことができ、時間と出張コストの削減に役立っています。
 
 VTVジャパンでは、さらに快適・拡張化したご提案を差し上げると共に、今後もテレビ会議システム運営のお手伝いをさせていただきます。

事例の詳細は下記のページをご参照ください。
http://www.vtv.co.jp/casestudy/list/sancom-eng.html

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】

VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
電子メール:mktg@vtv.co.jp
ホームページ:http://www.vtv.co.jp/
マーケティング担当 : 大川・山田

VTVジャパン株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。