「経営者が求める変革人材の採用と育成」とは?NET社「HRサミット2012」で人材戦略の成功法を講演

サービス分野: [ 教育・人材 ]

 株式会社ネクストエデュケーションシンクは、2012年6月12日~15日に開催されるHRプロシャ主催のHR領域全般の最新トレンドを提供するイベント、「HRサミット2012」に参加いたします。
 参加申し込みは以下から受け付けており、事前登録により入場料1000円を無料にすることが可能です。

<HRサミット2012 公式サイトへジャンプします>
 https://www.hrpro.co.jp/hr_seminar.php?ccd=00134&smcd=1

 ネクストエデュケーションシンクでは、2012年6月15日に講演予定。タイトルおよび講演概要については追って発表します。

■HRサミット2012開催概要
「変革エージェントになる」
述べ13,000人参加、約200の講演・セッション。人事の視界を、劇的に変える。

■日時
東京 4日間:2012年6月12日(火)~15日(金)

■会場
東京:秋葉原UDX 4階および6階

■対象 企業の人事、採用、教育研修、労務担当者、経営者でHRプロ会員の方(無料登録)
■主催 HRプロ株式会社
■後援 東洋経済新報社
■提携メディア 東洋経済オンライン、企業と人材、人事実務、人事マネジメント、労政時報、人材教育 他


《参考資料》
■株式会社ネクストエデュケーションシンクについて http://www.nextet.net/
累計実施数400万のアセスメント、客観型スキル診断と企業人材育成、研修専門の人材育成サービス会社として、広くIT系からビジネス系まで、国内最大級の3000種類の研修・eラーニングコースを取り扱い、大手、中堅の顧客企業の目的に合わせた専用企業研修アウトソーシング・ポータルサイト「ネクストパックe」のコンサル、構築・運営サービスを行っています。

【主要商品】客観型スキル診断「NETスキルチェック(R)」シリーズ/「ITSSレベルチェッカー(TM)」/「営業力診断(コンサルティングセールスチェッカー)Ver.2」/「社会人基礎力診断business」/「人間力診断」/「NET-SCMS」(スキルチェックマネジメント・組織力分析ツール)/わずか7分で人材の本質を見極めるインターネット型適性適職診断「NET*ASK Ver3.1 N」/「Office Do(TM)」/情報処理技術者試験対策Webトレーニング教材「NETパーフェクトトレーナー」/企業ごとにカスタマイズ可能なSaaS(ASP)型スキル診断開発、eラーニングの受託開発、集合研修、オンサイト研修、自ら組織を変革し、かつ部下育成にも力を発揮できる“高い人間力を持った次世代リーダー”を育成する私塾「本郷人間塾(TM)」の運営など

ほか、集合研修・eラーニング・教育情報 満載の企業研修ポータルサイト「エデュケ」(月刊60万PV)、経営者、人事部、研修教育担当者向けの会員制の人材開発・教育戦略メールマガジン「NET通信」(週刊/2500社、登録会員6000人)を配信。スキル診断・育成システムを活用した新規事業開発のコンサルテーションから人事・教育システムの構築連繋、教育ポータル事業の構築運営、研修実施マネジメントの一括フルアウトソーシングまでトータルでお手伝いすることができる国内有数の人材育成サービス専門会社として実績を持ちます。

■名称: 株式会社ネクストエデュケーションシンク
代表取締役: 斉藤 実 (さいとう みのる)
設立: 1999年10月
本社: 東京都文京区本郷4-8-13 5TSKビル401  Tel: 03-5842-5148   Fax: 03-5842-5147
■参加団体: スキル標準ユーザー協会(SSUG)/日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)/コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)/日本テスト学会/東京商工会議所/など。
■資本金: 2,000万円
■関連 URL:(ホームページ)  http://www.nextet.net/
・エデュケ(社会人向け学習教材/企業向け教育・研修ポータルサイト)
http://www.net-eduket.jp/

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせ
東京都文京区本郷 4-8-13 5TSK ビル 401
株式会社ネクストエデュケーションシンク  
マーケティングビジネス部 山端、斉藤(加那)
TEL : 03-5842-5148  FAX:03-5842-5147 
e-mail :info@nextet.net

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する