認定ソフトウェア資産管理者講習を4/17・18に開催 IT資産管理の国際資格が日本語で取得できます

株式会社アエルプランニング

投稿日:2012年4月2日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ その他(IT資産管理) ]

報道機関各位

認定ソフトウェア資産管理者講習を4月17日(火)~18日(水)に開催
IT資産管理の専門性を証明する国際資格が日本語で取得できます
2012年4月2日
株式会社アエルプランニング

株式会社アエルプランニング(以下アエルプランニング、本社:東京都渋谷区、代表取締役:甲田 展子)は、International Association of Information Technology Asset Managers (以下IAITAM、国際 IT 資産管理者協会:本社:米国 SUFFIELD, オハイオ州、CEO Barbara Rembiesa)によるソフトウェア資産管理者向け教育プログラム「認定ソフトウェア資産管理者講習」を、4月17日(火)~18日(水)の2日間にわたって開催します。なお日本上陸記念キャンペーンとして、通常価格169,000円(IAITAM企業会員価格124,500円)の受講料を、特別価格100,000円でご提供いたします。
「認定ソフトウェア資産管理者講習」は、IAITAMが提供するIT資産管理の世界標準「IBPL(IAITAM Best Practice Library)」をベースとした、2日間のソフトウェア資産管理者向け教育プログラムです。修了者はIAITAMが発行する国際認定資格「認定ソフトウェア資産管理者(CSAM)」の受験資格を得られます。認定ソフトウェア資産管理者資格は、IT資産管理の専門性を証明する国際資格として世界中で認知されています。
開催概要
日程 2012年4月17日(火)・18日(水) 
※2日間のコースです。両日とも受講が必要です。
時間 9:30~17:30(受付開始 9:00)
会場 サイバネットシステム株式会社セミナールーム
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル 秋葉原
※サイバネットシステム株式会社は協賛企業です
受講対象者 ソフトウェア資産管理の実務に携わる、企業の情報システム管理者
IT資産管理サービスの提供者
定員 20名(最少催行人数 5名)
受講料 特別キャンペーン価格 100,000円(教材費含む)
オプション 認定ソフトウェア資産管理者 認定試験(オンライン受験) 25,000円
※試験のみのお申込みはできません。必ず講習と一緒にお申込み下さい。
申込締切日 2012年4月6日(金) 正午
URL http://cms.aeru.co.jp/consulting/menu9_info.html

本プログラムは、IAITAMとアエルプランニングとのパートナー契約に基づき提供されるものであり、国際認定資格取得の条件となる講習を、日本語で実施いたします。また、本講習修了後に行われる認定試験も日本語で受験可能となります。取得できる資格はIAITAM公認の国際資格となりますので、世界で通用する資格を、日本語による学習と試験のみで取得できます。

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
 http://cms.aeru.co.jp/consulting/menu9_info.html

国際 IT 資産管理者協会(IAITAM)について
IAITAM は、会員数 40,000 人以上を有する世界最大規模の IT 資産管理のプロフェッショナルのための組織です。その活動は、12 冊におよぶ IT 資産管理のベストプラクティスの開発・出版から、ベストプラクティスを用いたトレーニングコースの提供、個人の知識レベルの向上や、組織内における IT 資産管理者の育成を目的とした認定プログラムの提供、様々なチャネルを利用した会員への情報提供、会員による情報交換の場としてのフォーラムやカンファレンスの開催まで幅広く会員へのサービスを展開しています。
URL(IAITAM日本支部): http://www.iaitam.jp

株式会社アエルプランニングの概要
社名 株式会社アエルプランニング
代表取締役 甲田 展子
資本金 2,000万円
設立 平成4年4月17日
所在地 〒151-0064 東京都渋谷区上原3-33-8
URL http://www.aeru.co.jp

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ:
株式会社アエルプランニング IT資産管理教育担当:西山
TEL:03-5738-0571
E-mail:info@aeru.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する