地震への備えに関するアンケート、「アメーバピグ」ユーザー15万人が回答

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ その他(ソーシャルメディア) ]

Press Release 2012/3/8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地震への備えに関するアンケート、「アメーバピグ」ユーザー15万人が回答
65%が緊急時の連絡手段としてソーシャルメディアを活用意向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田晋、
東証マザーズ上場:証券コード4751)が運営するアバターコミュニティサービス
「アメーバピグ」では、「アメーバピグ」の利用者を対象に、東日本大震災以降の
地震への備えに関するアンケート調査を実施いたしました。

7日間の調査期間で15万人以上が回答した本アンケート結果では、有事の際に家族や
友人との連絡方法を「決めている」と回答した人が46%という結果になりました。
連絡方法としては「携帯電話での電話やメール」が57%と依然として高く、「災害用
伝言ダイヤル」と回答した人は13%でした。しかしながら、「有事の際に連絡方法と
してソーシャルメディアを活用するか」という設問では、「活用する」が17%、「場
合によって活用する」が48%と、合わせて6割以上が活用する意向を見せ、昨年の震災
での経験を通して、有事の際にソーシャルメディアを活用することの有効性に対する
認識が高まっていることが伺える結果となりました。また、ソーシャルメディア上で
地震対策などの情報交換を「したことがある」と回答した人が17%、「今後活用したい」
と回答した人はそれを上回る24%となり、今後ソーシャルメディアが災害時における
情報交換の場として期待されていることが分かりました。
「アメーバピグ」では、2012年3月1日から3月31日までの間、「アメーバピグ」内に
特設エリアとして「地震 の備え情報交換広場」を設置し、利用者同士、有益な情報
を交換し合える場として活用いただく場を提供しております。

■ アンケート結果については下記にも掲載しております。ご自由に利用ください。
http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2012/0308_1.html

【調査概要】
調査方法 : インターネット調査
調査対象 : 「アメーバピグ」利用者(Ameba会員) 男女
有効回答数 : 150,964
調査実施期間 : 2012年3月1日(木)から3月7日(水)の7日間
参考)「アメーバピグ」会員男女比率 男性:39% 女性:61%

■ 関連URL
「アメーバピグ」 http://pigg.ameba.jp/
「Ameba」     http://ameblo.jp/


━会社概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社名      株式会社サイバーエージェント
        http://www.cyberagent.co.jp/
所在地     東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
設立      1998年3月18日
資本金     7,203,328,882円 (2011年12月末現在)
代表者     代表取締役社長CEO 藤田 晋
事業内容    Ameba関連事業
        インターネットメディア事業
        インターネット広告事業
        投資育成事業

お問い合わせ先

━本リリースに関するお問い合わせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社サイバーエージェント Ameba広報担当
E-mail:ameba_pub@cyberagent.co.jp Tel:03-5459-6245

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する