高電社、翻訳ソフトのスリムパッケージ『J北京パーソナル2』『Jソウルパーソナル2』を同時発売!

株式会社高電社

投稿日:2012年3月6日

サービス分野: [ IT技術 ] [ アジア・新興国 ] [ その他(翻訳) ]

高電社、翻訳ソフトのスリムパッケージ『J北京パーソナル2』『Jソウルパーソナル2』を同時発売!

株式会社高電社(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役:岩城 陽子)は、中国語翻訳エンジンの最新版を搭載した「J北京パーソナル2(呼称:ジェイペキンパーソナルツー)」と、韓国語翻訳エンジンの最新版を搭載した「Jソウルパーソナル2(呼称:ジェイソウルパーソナルツー)」を、2012年4月6日より発売開始いたします。

高電社はこれまで「ChineseWriterシリーズ」に代表される言語入力ソフトや、「北京」「ソウル」を製品名に掲げた翻訳ソフトを20年に渡り自社開発してきましたが、より幅広い顧客層にご利用いただくため、翻訳用途に応える最もシンプルな機能に限定した「スリムパッケージ版」の提供を開始いたします。
本製品には入力システムや明朝・ゴシック体のフォントも同梱。翻訳したい中国語や韓国語を入力して翻訳する他、Web情報をボタンひとつで翻訳して閲覧したり、受信メールを即座に翻訳するアドイン翻訳機能も搭載されています。

【「J北京パーソナル2」「Jソウルパーソナル2」の特長】
(1)「対訳エディタ」
「対訳エディタ」は、高度な翻訳結果を得るための翻訳編集エディタです。
複数の訳語の中から最適な訳語に変更できる「訳語選択」や、固有名詞の登録が可能な「ユーザ辞書」等の基本機能に加え、訳文の正しさを判断できる確認翻訳や読みをカタカナで表示する「第三面表示域」を追加。ビジネスに多用されるWord、Excelへも転送が可能になり、訳文のダイレクト活用が可能になりました。

(2)「Web&メール アドイン翻訳」
Webページやメールをボタンひとつでダイレクトに翻訳します。発展目覚ましい中国ビジネス情報や、K-POPブームでにぎわう韓流情報ページを翻訳して情報収集に役立てることができます。また受信メールを即座に翻訳して概要を把握することで、スピーディなビジネス対応を支援します。

(3)「入力システムとフォント」
「J北京パーソナル2」には、高電社人気製品「ChineseWriterシリーズ」のライト版と、中国国家標準コードGB18030の2書体を含む簡体字フォントや、BIG5コードの繁体字フォント等、合計6書体を搭載。「Jソウルパーソナル2」には、「KoreanWriterシリーズ」のライト版と、韓国工業規格に準拠したKSコード2書体を搭載。いずれも多言語に対応したアプリケーションで汎用的にご利用いただけます。

(4)「小学館 ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典」
「Jソウルパーソナル2」に限定して学習辞典を搭載。コンパクトで使いやすい「小学館 ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典」をデジタルに活用できます。キーワードを入力して辞書引きを行う他、複数のキーワードを含む例文を辞書全体から複数語検索(AND検索)したり、履歴の閲覧や単語帳登録機能で単語の繰り返し学習に役立てることができます。

【動作環境と仕様】
<J北京パーソナル2>
OS:Windows 7(64bit) 日本語版
   Windows 7/Vista/XP(各32bit) 日本語版
   ※SP(サービスパック)は最新版が必要
ハードディスク :450MB
提供メディア  :CD-ROM 1枚
ネットワーク環境:製品インストール後、インターネット接続によるライセンス認証が必要。

<Jソウルパーソナル2>
OS:Windows 7(64bit) 日本語版
   Windows 7/Vista/XP(各32bit) 日本語版
   ※SP(サービスパック)は最新版が必要
ハードディスク :350MB
提供メディア  :CD-ROM 1枚
ネットワーク環境:製品インストール後、インターネット接続によるライセンス認証が必要。

【製品名と標準価格】
J北京パーソナル2
価格(税込):7,140円
JANコード :4956881014109

Jソウルパーソナル2
価格(税込):7,140円
JANコード :4956881014208

【株式会社高電社 概要】( http://www.kodensha.jp/ )
1979年創業。発売以来圧倒的人気と実績を誇る中国語入力、辞書ソフトウェア「ChineseWriter」をはじめ、中国語 / 韓国語に関するソフトウェア、システム開発において国内トップシェアを誇るリーディングカンパニー。
自社開発の自動翻訳サービス「J-SERVERシリーズ」は、多言語に対応し、ECサイトの翻訳や携帯電話での翻訳サービス(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの公式サイト)等、幅広いサービスで多くの導入実績があり、翻訳精度を含むその技術力は官公庁、法人、教育機関をはじめとする各クライアント様より高い評価を得ています。
高電社は「言語の壁を越え、世界中の人々の心と心をつなぐ」という理念のもとに、最高品質の翻訳精度と機能を目指し、より有益な翻訳ソフトウェアを提供し続けます。

お問い合わせ先

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
掲載URL:http://www.kodensha.jp/press/soft/jbp2jsp2_1203.html
株式会社高電社 広報担当
(所在地)〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町3-7-1
(TEL)06-6628-8880
(FAX)06-6628-2351
(E-mail) press-release@kodensha.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する