視力0.1以下の方に朗報!!-日本初の読み上げできる携帯型電子ルーペ開発-

株式会社アメディア

投稿日:2012年3月6日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 福祉・少子高齢化 ]

視力0.1以下の方に朗報!!-日本初の読み上げできる携帯型電子ルーペ開発-

視覚障害者向けの情報機器を開発・販売している株式会社アメディア(東京都新宿区、望月優社長、http://www.amedia.co.jp/)は、このほど、画面に表示している印刷物を音声でも読み上げる機能を搭載した携帯型の拡大読書機を開発していることを公表した。
携帯リーダーCR-2000と名づけられたこの機器は、縦12.5センチ、幅6.7センチ、厚さ1.1センチのHTC社製のスマートホンに同社が開発した拡大表示と音声読み上げのソフトウェアを組み込んだもの。4月半ばの発売を計画している。
従来の携帯型電子ルーペは、印刷物をカメラで写して画面に拡大表示しているが、アメディアが開発しているCR-2000は、それに加えて画面上の文字を認識して音声で読み上げることもできる。
画面に映った物体を固定表示でき、またその内容を音声でも読み上げられるため、写した情報を手元に引き寄せてじっくりと確認したいときに特に便利だ。スーパーなどでのパッケージ表示が見えにくいときにも使える。撮影データを保存することもできるため、受け取った名刺の整理にも使える。内部に保存されたデータは、画像とテキストファイルでパソコンを通じて取り出すことができる。
同社はもともと全く目の見えない人向けの音声読書機を開発しており、その技術を活かして今回の開発に漕ぎ付けた。
「これまでは音声読み上げを全盲者向けの機能都して開発してきましたが、今後は目の見える人にも音声文化を楽しんでもらうための製品開発にもチャレンジして行きたい」と望月社長は語った。

発売予定価格:99,800円(税込み)

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アメディア 代表取締役 望月優
TEL 03-5286-7511 FAX 03-5286-2567
E-Mail: moch@amedia.co.jp
ホームページ:http://www.amedia.co.jp/
電話連絡可能な時間帯:9時15分から17時まで

 

株式会社アメディアによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する