アスペクトが年間最優秀アウトバウンド・システム・ベンダに選出

サービス分野: [ IT技術 ]

2012年2月28日(火)東京発-コンタクトセンタ向けITソリューションの提供に特化した企業として最大規模を誇るAspect Software, Inc.の日本法人である、日本アスペクト・ソフトウェア株式会社(以下アスペクト)(本社:東京都港区、代表:垣貫 己代治)は本日、Frost & Sullivan社より日本を含むアジア太平洋地区における「2011 Outbound Systems Vendor of the Year (2011年度最優秀アウトバウンド・システム・ベンダ)」に選出されたと発表しました。アスペクトは、コンタクトセンタ・アプリケーション市場のアウトバウンド・システム部門において、そのテクノロジと業績が評価され、企業の成功を支援するテクノロジやトレンドをいち早く取り込むことにより、コンタクトセンタ・アプリケーション産業においてリーダのポジションを維持し続けています。

(日本を含むアジア太平洋地区でトップシェア)
アスペクトは2010年度においても、日本を含むアジア太平洋地区のアウトバウンド・ダイヤラー市場でトップのシェアを維持しています。Frost & Sullivan社の最近の調査「Asia Pacific Contact Center Applications Market (アジア太平洋地区コンタクトセンタ・アプリケーション市場)」では、2010年の日本を含むアジア太平洋地区のアウトバウンド・システム市場でアスペクトが約半分のシェア(41.6%)を獲得したと報告しています。

また、Frost & Sullivan社では、現在より2017年にかけて日本を含むアジア太平洋地区のアウトバウンド・システム市場は、年平均成長率(CAGR)で9.4%の成長を見込むと予測しています。アスペクトは、日本を含むアジア太平洋地区のコンタクトセンタ・アプリケーション市場のトップ5ベンダの1社として、独自アーキテクチャとユニファイド・コミュニケーション・アプリケーションを活用し、企業とコンタクトセンタのサービス品質の向上、およびビジネスの主要な課題の解決を支援しています。

アスペクトのAPACシニア・バイスプレジデントであるChristopher Yeoは次のようにコメントしています。「コンタクトセンタ・アプリケーション市場において、アスペクトは2010年度のアウトバウンド・ダイヤラー市場で大幅な成長を達成しています。アウトバウンド・システム市場部門での継続したリーダシップと、Microsoftとの戦略的パートナーシップにより、私たちはこの地域において過去1年で主に金融サービス、保険、そしてアウトソーシングといった業種の顧客の獲得に成功しています。」

さらにYeoは、「Frost & Sullivan社よりOutbound Systems Vendor of the Yearを受賞したことは、私たちにとって大きな成功を意味します。この受賞は日本を含むアジア太平洋地区に対するコミットメントの成果であり、次世代型の顧客体験を提供するために、我々のビジネスパートナーと手と手を取り合って協業していることが評価されたのだと思います」と締めくくっています。

Frost & Sullivan社の「Outbound Systems Vendor of the Year Award」は、同社の分析チームによる詳細なパフォーマンス分析を元に選出されており、競争優位性を持ち、同地域で際立ったパフォーマンスを達成した優秀な企業を表彰しています。

アスペクトの2010年度の業績は以下の基準を元に審査されています:

・ 市場シェアと市場浸透度
・ 売上成長率
・ ビジネス成長戦略とインプリメンテーションの卓越性
・ 製品およびテクノロジのイノベーション
・ 顧客価値の創出

【Frost & Sullivan社について】
Frost & Sullivan社はGrowth Partnership Companyとして、顧客に対して成長の加速、イノベーションの達成、そしてリーダシップの獲得を最高レベルで実現するために支援しています。同社のGrowth Partnership Serviceでは、CEOとCEOのGrowth Teamに対して、強力な成長戦略の策定、評価、導入を実現する適切な調査とベストプラクティス・モデルを提供しています。Frost & Sullivan社は50年以上の実績を持ち、6大陸で40以上のオフィスを展開しており、Global 1000企業、ベンチャー企業、および投資会社と提携しています。 詳細は http://www.frost.com をご覧下さい。

【アスペクトについて】
アスペクトは、カスタマーコンタクト・ソフトウェアとMicrosoftプラットフォーム・サービス/ソリューションのコンビネーションにより、企業の顧客関係の構築を支援しています。詳細は www.aspect.com をご覧下さい。

アスペクトの記事はTwitter @AspectUC やブログ http://blogs.aspect.com でもご覧になれます。

Aspect 、およびAspect Softwareは、米国並びに各国におけるAspect Software, Inc.の商標または登録商標です。本プレスリリース記載の他の会社名と製品名は各社の商標または登録商標です。

* 本プレスリリースは、アスペクトのアジア太平洋地区本部(シンガポール)が2012年1月30日に発表した内容を元に作成しています。

お問い合わせ先

日本アスペクト・ソフトウェア株式会社
〒105-0003 東京都港区西新橋 3-24-10
ハリファックス御成門ビル6F
www.aspect.com/jp
担当:高橋(株式会社エム・アンド・エル)
Email:info-japan@aspect.com
Tel: 03-3537-1108(株式会社エム・アンド・エル)

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する